1. トップ
  2. 恋愛
  3. ネトフリ配信『美男堂の事件手帖』主演ソ・イングク、久々のKBS復帰についてコメント

ネトフリ配信『美男堂の事件手帖』主演ソ・イングク、久々のKBS復帰についてコメント

  • 2022.6.27
  • 6686 views

6月27日、韓国KBS2新ドラマ『美男堂の事件手帖』(Netflixで同時配信予定)のオンライン制作発表会が行われ、主演俳優ソ・イングクがドラマ復帰の感想を語った。

同作は、占い師になった元プロファイラー(演者ソ・イングク)が占いカフェ「美男堂」で繰り広げるドタバタミステリーコミカル捜査劇。Kakao Pageのモバイル小説公募展で大賞を受賞し、15万人の読者を魅了した話題作『美男堂 - 事件手帖』を原作とする。

このドラマを通じてKBSに久々に復帰したソ・イングクは、「古い友だちに会う感じだ。『君を憶えてる』でもプロファイラー役を演じたが、今回は職業だけ同じで完全に違うキャラクターなので、視聴者の方々に親しみやすくご挨拶できて光栄だ」と語った。

ソ・イングク劇中、元プロファイラーであり、現在は“詐欺師の巫”であるナム・ハンジュンを演じる。彼は当たる占いと華麗な話術を誇る男巫界の問題児。自身が持つプロファイラー能力を利用してお客の望みを正確に解決し、時にはアフターサービスまで完璧にサポートする。

(画像=KBS2)

「台本を読みながらナム・ハンジュンは自分だと思った」というソ・イングクは、「僕には限界がない。彼をソ・イングク化して表現したい気持ちが大きかった。最も欲が出たのは、元プロファイラーが男の巫になったという設定で、二度と出会えないキャラクターだと思って絶対やろうと思った。正直に言って僕の表現力はナム・ハンジュンほど大きくない。だからナム・ハンジュンを演じながら楽しかった」

(画像提供=People Storyカンパニー)

また、ナム・ハンジュンについては「天才的なプロファイラー能力と、妹のハッキングの実力を足して人々をプロファイリングするけど、錯覚を起こしそうな話術とショーマンシップがある。表現において限界を設けず、立体的に見せるようになった」と紹介し、本放送を期待させた。

(記事提供=OSEN)

元記事で読む
の記事をもっとみる