1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたは“凡ミスをしやすい人か”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたは“凡ミスをしやすい人か”がわかる心理テスト

  • 2022.8.15
  • 73259 views
undefined

誰しも些細なミスをしてしまうことはあるでしょう。注意深く行動していても、何かが原因となって凡ミスをしてしまうこともあるかもしれません。果たして、あなたは凡ミスをしやすい人でしょうか。心理テストで探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.シャツの襟とボタン

2.黄色のサングラス

3.蝶ネクタイ

4.ちょうちょ



1.シャツの襟とボタンに見えた人は「凡ミスをしやすい人」

図形がシャツの襟とボタンに見えた人は、凡ミスをしやすい人でしょう。うっかり口を滑らせて余計なことを言ってしまうことがあるようです。発言に関する失敗が多いかもしれません。何気ない一言で相手を傷つけてしまった経験はありませんか。

このタイプの人は、忘れっぽいところがあるでしょう。待ち合わせの場所を間違えたり、電車に荷物を置き忘れたりなどの失敗をしたことがあるかもしれません。こまめにメモを取ったり、スケジュールの確認を怠らないようにするなど、自分なりの対策を練ると良いかもしれません。

忘れっぽい一面は、捉え方を変えれば長所となるでしょう。凡ミスをしたり嫌な出来事が起こったりしても、すぐに記憶から捨てることができるようです。気持ちの切り替えが早いのかもしれません。

2.黄色のサングラスに見えた人は「やや凡ミスをしやすい人」

図形が黄色のサングラスに見えた人は、やや凡ミスをしやすい人でしょう。警戒心に欠けているかもしれません。周りを心配させることもあるのではないでしょうか。ただ、周囲の人も時間が経つにつれてあなたのミスに慣れるようです。

このタイプの人は、楽観的な性格の持ち主でしょう。ミスをしても明るく対処するのではないでしょうか。そのキャラクターから、迷惑をかけられた相手も「仕方ない」と笑って許してくれるでしょう。むしろ周囲の人に助けられることも多いのではないでしょうか。

しかしそれに甘えていると、いつか大きなミスをしてしまうかもしれません。。特に大勢の人との共同作業では、みんなの足を引っ張らないようにしましょう。いつもより注意深い行動を心がける必要がありそうです。

3.蝶ネクタイに見えた人は「凡ミスをしにくい人」

図形が蝶ネクタイに見えた人は、凡ミスをしにくい人でしょう。注意深いところがあるかもしれません。視野が広いため、ほとんどミスをすることはないようです。しかし意外なところで視野が狭くなる時もあるのではないでしょうか。

このタイプの人は、やり慣れた作業になると些細なミスをしがちな傾向がありそうです。ただ、例えミスをしても他人に多大な迷惑をかけることは少ないのではないでしょうか。常に気を張っているところもあるでしょう。

普段から油断せず、自分に厳しく過ごしているのかもしれません。そのため、ミスをするとそんな自分に対して腹が立つのではないでしょうか。ルーズな人のミスを許せず、つい指摘してしまうところはありませんか。神経質になり過ぎず、自分のミスにも他人のミスにも寛容になりましょう。

4.ちょうちょに見えた人は「やや凡ミスをしにくい人」

図形がちょうちょに見えた人は、やや凡ミスをしにくい人でしょう。注意力や観察力に優れているようです。周りからは完璧な人というイメージを持たれているかもしれません。ミスをしても、「もう過ぎたこと」と言い聞かせているようです。

このタイプの人は、ミスをすることは少ないですが、忘れた頃に大きなミスをしでかすことがあるでしょう。大きな仕事をやり終えた後など、ホッと一息ついた瞬間が危険かもしれません。事の重大さに気づかず、事態を軽く見てしまう時もありそうです。

疲れやストレスが溜まっている時は、普段やらないようなミスをしてしまうでしょう。体調が悪くても休むことができず、自分を追い込むところがあるかもしれません。安心している時こそ緊張感を持って行動するようにしましょう。



ライター:Well-being.2021
認定心理士として働いています。自分の仕事や将来のことで悩んだり迷っている人に向けて、様々な心理テストをご紹介します。自分らしく生きるためのヒントを得てくださいね。
編集:TRILLニュース

の記事をもっとみる