1. トップ
  2. レシピ
  3. 森の一軒家のような空間でいただく、チーズづくしのオーブン料理「Garden&Oven Lal de Feli」

森の一軒家のような空間でいただく、チーズづくしのオーブン料理「Garden&Oven Lal de Feli」

  • 2015.10.5
  • 5764 views

仙台駅からほど近い場所にある「Garden&Oven Lal de Feli(ガーデンアンドオーブン ラル デ フェリ)」は、「ガーデン×オーブン×チーズ」をテーマにしたレストラン。マスカルポーネチーズのパンケーキをはじめ、さまざまなチーズを使ったオーブン料理やスイーツを楽しめると話題です。

仙台駅そばにある、緑のガーデン

仙台駅東口から徒歩約3分。宮城野通の2つ目の交差点を右に進むと見えてくる、白いデザイナーズビルの1階奥にあるのが「Garden&Oven Lal de Feli」です。

森の一軒家をイメージしたというお店の入口には、大きな緑のアーチが。非日常的な雰囲気にわくわくしながらくぐると、店内にもグリーンが至るところに配され、本当に森の中に入りこんだようです。万国旗のように飾られたカラフルなライトや、グリーンとオレンジの椅子がポップな印象で、友人とのおしゃべりにも花が咲きそうです。

「ラル デ フェリ」は、緑のガーデン空間で、オーブンを使って作るさまざまなチーズ料理を楽しめるお店として、2015年3月にオープンしました。“疲れているときでも、温かなオーブン料理でほっと癒され、元気になって帰ってほしい”という願いが込められています。

メニューは、ドリアや焼きカレーを楽しめるランチタイム、スイーツがメインのアフタータイム、アラカルトメニューがそろうディナータイムと時間帯ごとにがらりと変わります。一度足を運べば、「今度は違う時間帯にも来てみたいな」と “次回のお楽しみ”が生まれますよ。

しゅわしゅわ、ふわふわの半熟パンケーキ

看板メニューは、アフタータイム限定の「天使の半熟マスカルポーネ 窯出しパンケーキ」(ソフトアイス付、880円)。フライパンの器で出される、マスカルポーネチーズを使用したスフレタイプのパンケーキです。オーブンで焼き上げた表面はさっくり、中はふわふわの生地が半熟の部分を包みこみます。ソフトアイスクリームは、チョコレート・チーズ・クッキー&チョコレート・ストロベリー・マンゴーの5種類から選べます。今回は「チーズ」をセレクトしました。

店長の伊勢さんによると、まずは半熟の部分を味わってから、アイスやハチミツをトッピングするのがおすすめだそう。ひと口ほおばると、スフレ生地がしゅわりと口の中で溶け、チーズの風味が広がります。パンケーキ自体の甘さは控えめな分、アイスはしっかり濃厚。いっしょに食べながら味の変化を楽しむうちに、ペロリと食べられてしまいます。

丸ごとトマト入り!目でも楽しめるチーズフォンデュ

ディナータイムのおすすめはチーズフォンデュ。なかでも「ヘルシー丸ごとトマトのチーズフォンデュ」(1人前980円)は、ソースの中にトマトが丸ごと1個入った、見た目も楽しい人気メニューです。

フォンデュするチーズソースは、ステッペン・グリエール・レッドチェダーの3種類をミックスしたもの。産地や味の異なるチーズを合わせることで、より風味高いソースに仕上がるそう。コクがありながらも、野菜の甘みや苦みを包みこんで引き立たせる、まろやかなソースです。トマトをくずして混ぜると、ほどよい酸味が加わって、さらに旨みがアップ。焼きたてのフォカッチャや、丸い木のプレートに並ぶひと口サイズの野菜をとろりとからめていただきましょう。

野菜は、ミニトマトやブロッコリー、コーンのほか、紫のじゃがいも「シャドークイーン」、ひょうたん型で皮の白いかぼちゃ「バターナッツ」など、カラフルで珍しいものがたくさん。「どんな味がするかな」と話しながら、わいわい食べるのも楽しそうです。

寒くなるこれからの季節、「ラル デ フェリ」のあつあつのオーブン料理は、身も心も温めてくれるはず。緑あふれる“森の一軒家”で、気の置けない仲間と楽しいひとときを過ごしてみませんか?