「家族とはSNSでつながった方がいい」理由とは?

みなさん、家族とはどのように連絡を取っていますか? もっぱら「電話」という人、「LINE」でチャットするという人……。

ちなみに筆者の家族は「Facebook」派。

電話って、かける時間や相手の都合を気にしなきゃいけませんよね。ずぼらなわたしは、そういうのがちょっと苦手。

「便りがないのは良い便り」などと言いますが、便りが無さ過ぎて、家族から「生きてるの?」と心配される始末。そのため、Facebookの投稿を親に見てもらっています。

わざわざ電話して伝えるほどの事じゃなくても、SNSだとライトに言いやすい、なんてことありませんか?

■約2人に1人が「親とSNSで会話したことがある」と回答

「え〜……。親とSNSで繋がるなんて、微妙じゃない?」と言う方! ちょっと時代遅れかもしれませんよ。

株式会社リビジェンが全国の10代〜30代の一般男女500人を対象に行った実態調査では、30代の16%、20代の28%、10代にいたっては40%が「SNSで親と会話したことがある」と答えています。今や、家族とのコミュニケーションにもSNSは欠かせないものになっているんですね。

■家族専用SNS「ファミリーページ」って?

しかし、たとえば筆者のように家族と既存のSNSで繋がると、困る事があるのも事実。

・新しい友達と繋がった、友達の投稿にコメントした、などのアクティビティも見えてしまう

・“家族の目”を意識すると、投稿・コメントできない話題がある

・デジタルに疎い親だと、FacebookやLINEの「プライバシー設定」や「乗っ取り問題」が心配

などの悩みも……。そこで見つけたのが『ファミリーページ』。

使い方はFacebookとほとんど一緒のスマホアプリ。画像と文章を投稿すると、相手はタイムライン形式で閲覧することができます。ここで大事なのが、このSNSは“家族専用にできる”ということ。自分が招待した最大20人までしか入る事ができません。

これなら、友達向けの投稿を親に見られることもないし、家族だけの空間なので、普段の投稿はもちろん、プライバシーが気になることもどんどん書くことができますよ。

■「ファミリーページ」をもっと簡単に楽しめる「らくらくスマートフォン」!

そして「ポイント高し!」なのが、「らくらくスマートフォン3 F-06F」なら、この『ファミリーページ』が最初から入っていて、驚くほど簡単に楽しめるということ。

投稿された写真は、自動で「らくらくスマートフォン3 F-06F」の待ち受け画面に! 最大25枚もの画像が“フォトパネル”のようにスライドで流れていくので、アプリを立ち上げる必要すらありません。さらに使い勝手もシンプルでわかりやすく、これならデジタルに疎い親でも使えそう!

また、「らくらくスマートフォン3 F-06F」は、スマホの利用状況(歩数や体調など)を、自動メールで知らせてくれる「つながりほっとサポート」アプリにも対応しているから、親の様子を確認できて安心。親の心配をする年になっちゃったんですね……。敬老の日に合わせてプレゼントしてみるのもいいかも。

■ AppStoreでダウンロード

“核家族化”で、昔のような濃密なコミュニケーションが取りづらいこの時代。自分の様子だけじゃなく、ママ世代は子どもの写真を親に送ったり、ペットの写真を家族で送り合ったりと、家族のコミュニケーションにSNSも積極的に取り入れる姿勢こそが、今の家族には大事なのかもしれませんよ。

■ GooglePlayでダウンロード

元記事を読む
提供元: closetの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。