1. トップ
  2. おでかけ
  3. ドランクドラゴン鈴木拓、のんにお願い「一緒に手伝ってくんない」

ドランクドラゴン鈴木拓、のんにお願い「一緒に手伝ってくんない」

  • 2022.6.9
  • 1896 views
ドランクドラゴン鈴木拓、のんにお願い「一緒に手伝ってくんない」
(C)2022「さかなのこ」製作委員会

『さかなのこ』さかなクン本人と同級生の鈴木拓が登場

小堺一機と関根勤のTBSラジオ「コサキン」で独特の語り口と博学のギャップが話題となったのを皮切りに、いまや国立大学法人東京海洋大学名誉博士/客員教授となった“さかなクン”の半生を、主演・のん、監督・沖田修一で映画化した『さかなのこ』が、9月1日より全国公開される。このたび、さかなクン本人と鈴木拓の出演する本編映像が公開された。

公開された本編映像は、原作者で主人公“ミー坊”のモデルとなったさかなクンが“ギョギョおじさん”という謎の人物として『さかなのこ』で映画初出演するシーン。

さかなクンのトレードマークであるハコフグ姿はそのままに、白衣の代わりにトレンチコートを羽織り、小学生のミー坊と幼馴染のヒヨの前に「ギョギョ〜?」と言いながら突然現れる。

さかなクンのようでさかなクンではない、お魚が大好きなギョギョおじさんは、主人公“ミー坊”の将来を決定づけ、後々大事件を起こしてしまう超重要な役どころだ。

さかなクンは、自叙伝の映画化、そして映画初出演について「映画化してくださると最初にうかがった時は『ギョギョッ!!?』とビックリしました。さらに“ギョギョおじさん“としてお招きいただけると聞いてまたビックリしまして、『夢のようだなぁ』と思いました!」と、さかなクン節全開でその喜びと驚きを表現した。

撮影初日に行われたさかなクン演じるギョギョおじさん登場シーンの撮影では、緊張からか、世界でいちばんさかなクンが得意なはずの「ギョギョ〜!?」の一言でNGを出してしまう場面も……。

「違った! ギョめんなさい! すみません! ギョめんなさい! 皆様!!」と腰を落として謝る姿からは 謙虚なさかなクンの人柄がにじみ出ていて、現場が温かな笑いに包まれていたという。

また、今回さかなクンの中学・高校の同級生であり親友であるドランクドラゴンの鈴木拓が出演することも発表された。

実際にさかなクンを“ミー坊”と呼ぶ鈴木が演じるのは、さかなクンと鈴木の恩師である“鈴木先生”役。のん演じるミー坊に「カブトガニ育てんの、一緒に手伝ってくんない?」と依頼する。学生時代の“ミー坊”をあたたかく支え、お魚博士への道をさらに大きく開くきっかけを作ることになる。

たくさんの人に愛される“ミー坊”の生き様

お魚が大好きな小学生“ミー坊”は、寝ても覚めてもお魚のことばかり。お魚を毎日見つめて、毎日描い て、毎日食べて。他の子どもと少し違うことを心配する父親とは対照的に、母親はそんなミー坊を温かく見守り、背中を押し続けた。高校生になり相変わらずお魚に夢中のミー坊は、町の不良ともなぜか仲良し、まるで何かの主人公のようにいつの間にか中心にいる。やがて1人暮らしを始めたミー坊は、思いがけない出会いや再会の中で、たくさんの人に愛されながら、ミー坊だけが進むことのできるただ一つの道をまっすぐに進んで行く──。

『さかなのこ』は、9月1日に全国で公開される。

元記事で読む
の記事をもっとみる