1. トップ
  2. 恋愛
  3. 不妊治療でやっと授かり、女の子を出産。しかし義両親からはお祝いの言葉はなく…<耳を疑う義父母の発言SP>

不妊治療でやっと授かり、女の子を出産。しかし義両親からはお祝いの言葉はなく…<耳を疑う義父母の発言SP>

  • 2022.6.4
  • 32123 views

結婚すると当事者たちだけでなく、親同士のお付き合いも始まります。 とくに、結婚するにあたってかかるお金のことや、孫が生まれてからの行事など、両家間での相談が必要な出来事も出てくるでしょう。 その際にうまくコミュニケーションが取れていないと、両家の間にすきま風が吹くこともあるようで……。 今回は実際にあった“両家間でのトラブルエピソード”をご紹介します!

出産後にかけられた言葉は……

syuutomenosyougekihatugen

不妊治療を3年し、やっとのことで子どもを授かった友人。 友人は長男の嫁で、次男には男の子が2人います。 義両親は不妊治療をしていることを知っているにもかかわらず、「男と女が同じ屋根の下にいれば子どもはすぐにできるでしょ。」と無理解だったそうです。 難産の末、女の子を産んだ友人。 友人も、お見舞いにきた友人の両親も、そして私も大喜びしていた時に、義両親がやってきました。 そして開口一番、「女の子か。次男の嫁は優秀なのにな。」「我が家は次男に継がせましょ。」と言い放ったのです。 友人の義両親は家業をしていますが、男の子が継がないといけないようなものではありません。 友人の両親は、「労いの言葉もかけずになんですか!」と激怒。 友人も義実家とは距離を置いているそうです。 (36歳/パート/女性)

ありえない……

人格を疑うような信じられない発言……。 不妊治療を乗り越え、難産の末に無事出産した人に対してかける言葉ではありません。 命がけで出産した嫁に、なぜ「おめでとう」とお祝いの言葉をかけてあげられないのでしょうか。 心穏やかに日々を過ごすためには、非常識な義実家とは距離を置いた方がいいのかもしれませんね。 以上、“両家間でのトラブルエピソード”でした。 ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。 (恋愛jp編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる