1. トップ
  2. グルメ
  3. 【グミ実食ルポ】めちゃくちゃ可愛いサクランボのグミ!HARIBO「ハッピーチェリー」

【グミ実食ルポ】めちゃくちゃ可愛いサクランボのグミ!HARIBO「ハッピーチェリー」

  • 2022.6.4
  • 972 views

プリプリムチムチという噛みごたえのある食感と、フルーツやジュースなど様々な味の豊富さで人気のお菓子「グミ」。食べ応えがあるので、口寂しい時のお供にもなることも。この連載では、種類豊富なグミの中から気になるグミを紹介していきます!今回はHARIBOの「ハッピーチェリー」を紹介します!

【グミ実食ルポ】めちゃくちゃ可愛いサクランボのグミ!HARIBO「ハッピーチェリー」

ヨーロッパの定番フレーバー「ハッピーチェリー」

「ハッピーチェリー」は、ドイツの「HARIBO(ハリボー)」が販売するグミ

「ハッピーチェリー」は、ドイツの「HARIBO(ハリボー)」が販売するグミ。グミといえばHARIBOというくらい、有名なお菓子メーカーです。ハリボーといえば小さいクマの形をしたグミ「ゴールドベア」。この 「ゴールドベア」 は、なんと1922年から販売されているというから驚きですね!

ハリボーのドイツ語のキャッチフレーズ「Haribo macht Kinder froh und Erwachsene ebenso!(ハリボーは子供たちを幸せにし、大人たちも幸せにします!)」がプリントされてます

パッケージには黄色いクマがサクランボを手に持ったイラストが描かれています。そして、ハリボーのドイツ語のキャッチフレーズ「Haribo macht Kinder froh und Erwachsene ebenso!(ハリボーは子供たちを幸せにし、大人たちも幸せにします!)」がプリントされてます。老若男女関係なく愛されてきたことが伝わります。

真っ赤なサクランボが可愛いすぎる!

袋を開けると、真っ赤なサクランボが登場しました!
サクランボはヨーロッパでは定番のフレーバーなのだとか

袋を開けると、真っ赤なサクランボが登場しました! もちろん、フルーティーなサクランボの香りもしてきますよ。サクランボはヨーロッパでは定番のフレーバーなのだとか。

触り心地はグミそのもので、プニプニグニグニしていますが、まるでガラス玉のよう

触り心地はグミそのもので、プニプニグニグニしていますが、まるでガラス玉のよう。とても美しいです。食べるのがもったいない!

サクランボを生かしたおいしいアレンジも!

噛めば噛むほどサクランボの味がするので、最後まで美味しく食べられます

早速、実食してみましょう!

食べてみると、ハリボーのグミらしくかなりかため。歯ごたえが強いので、しっかり噛んで食べましょう。噛めば噛むほどサクランボの味がするので、最後までおいしく食べられます。1個でもかなり満足度高いので、口寂しい時におすすめです。

今回は、この「ハッピーチェリー」を使ったアレンジをしてみました

今回は、この「ハッピーチェリー」を使ったアレンジをしてみました。透明のグラスの内側に「ハッピーチェリー」をランダムに貼り付けます。ゆっくりグラスに炭酸水を注いでできあがり! 今回炭酸にはレモンフレーバーのものを使用しましたが、味が薄ければどんな炭酸水でも合うと思います。時間が経つとグミが溶けてきて、サクランボの味が炭酸水に染みてくるので、サクランボソーダになりますよ! 見た目が可愛いだけじゃなく、おいしいのでぜひお試しを。

「ハッピーチェリー」で見た目も味も楽しんで!

「ハッピーチェリー」で見た目も味も楽しんで!

「ハッピーチェリー」は量販店のオンラインサイトなどで購入できますが、売り切れのお店もあるようです。PLAZAでは6月2日時点で売り切れてました。他の通販サイトや店頭にはあるかもしれないので、チェックしてみてくださいね。ぜひ、可愛いアレンジで「ハッピーチェリー」を楽しんでください。

ハッピーチェリー

参考価格:税込 399円

[amazon]

[All Photos By Kaori Simon]

元記事で読む
の記事をもっとみる