1. トップ
  2. ファッション
  3. 眼鏡好きが集まる新たな拠点。〈BLANC〉の直営店〈LHITE〉が原宿にオープン

眼鏡好きが集まる新たな拠点。〈BLANC〉の直営店〈LHITE〉が原宿にオープン

  • 2022.5.31
  • 710 views
ブラン〈LHITE(ライト)〉内観

こだわりは大きな全身鏡にあり

内装デザインを手掛けたのは、二俣公一率いるケース・リアル。コンクリート壁やグレーで統一した配色など全体的に無機質な質感だが、開放的な窓から入る自然光が広がり明るい雰囲気に。開放感のある店内に置かれた大きな鏡は、全身で映る自分を見ることで、眼鏡をかけた姿を客観的にチェックしてほしいという、〈ブラン〉のデザイナー、渡辺利幸の思いの表れ。

店名〈LHITE〉のサイン
店名〈LHITE〉の由来は、ブランド名〈BLANC〉を英訳したWHITEに、LIGHTを組み合わせた造語。
視力検査のブース
好みのモデルを選んだら、その場で視力検査をしてすぐにレンズ調整。手元に届くまでのスピードが速いのも直営店ならではの利点だ。
ずらりと並ぶ全ラインナップ
手を伸ばしやすい腰位置にずらりと並べられたアイウェアたち。ほぼ全てのモデルを棚上に置いてあるので比較検討しやすい。自分に似合うフレームデザインやレンズの色、フィット感などを気軽に試すことができる。

ニュアンスカラーが美しいサングラス

日差しが気になってきたシーズン、瞳を守りながらお洒落を楽しもう。〈ブラン〉のサングラスは、単色では表せない繊細なカラーリングが魅力。肌色に馴染む優しい色合いだ。生産は、眼鏡の産地として有名な福井県鯖江市。熟練の職人がひとつずつ手作りしているため、日本人の顔にフィットする。マスクの紐と干渉して耳が痛くならないよう、テンプルの後ろを細いスチール素材に切り替えた”B0031-mt””B0032-mt”など、かけ心地に拘ったモデルも展開。

スクエアなフレーム
クラウンパントは、ここ数年のトレンド。B0021 ¥27500、B0021-PC ¥33,000
牛革のメガネケース
上質な牛革を使用したラウンドジップのメガネケースは、首から下げられる。各¥26,400

オープン記念の店舗限定モデル

〈LHITE〉のオープンを記念して限定アイテムを販売。どちらも、インラインでは展開の
ないカラーだ。フレームが太く安定感があるグレーカラーの”B0014-PC”(上)と、ブラウ
ンのフレームとブルーレンズの配色が絶妙なスクエアがかった”BM010-PC”(下)は、ぜひシ
ョップに足を運んで試着してみて欲しい。服を選ぶように、感覚的に楽しくアイウェアを
選んでみよう。

オリジナルの調光レンズを使用。紫外線に当たると薄い色から、濃い色へとレンズが変化する。
フレームB0014-PC
B0014-PC / color RHINO ¥33,000
フレームBM010-PC
BM010-PC / color MAPLE BRN ¥39,600

Information

LHITE

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-59-4
TEL:03-5843-0100
営:11時〜20時
休:水曜日

公式インスタグラム:@lhite_tokyo
公式ホームページ:www.instagram.com/lhite_tokyo/

元記事で読む
の記事をもっとみる