1. トップ
  2. 恋愛
  3. BTS、アジア系への差別やヘイト犯罪についてジョー・バイデン大統領と話し合いへ

BTS、アジア系への差別やヘイト犯罪についてジョー・バイデン大統領と話し合いへ

  • 2022.5.27
  • 844 views

アメリカでアジア系を狙ったヘイトクライムが相次ぐなか、BTSがホワイトハウスを訪問し、ジョー・バイデン大統領とアジア系への差別について話し合いをすることが明らかに。(フロントロウ編集部)

BTS、アジア系への差別とヘイト犯罪について米大統領と意見交換

国連の“未来世代と文化のための大統領特使”を務める韓国のボーイズグループ、BTS(防弾少年団)が、アジア・太平洋諸島系米国人の文化遺産月間を祝うために、現地時間5月31日、アメリカのホワイトハウスを訪問することがわかった。BTSのメンバーはジョー・バイデン大統領と面会し、アジアを代表するグループとして、アジア系への差別やヘイトクライム(憎悪犯罪)について話し合う予定だという。

画像: BTS、アジア系への差別とヘイト犯罪について米大統領と意見交換

ホワイトハウスは、「バイデン大統領は以前、急増する反アジアヘイトクライムへの対策に取り組むことを表明しており、2021年5月に『COVID-19ヘイトクライム法』に署名し、法執行機関にヘイトクライムを特定、捜査、報告するためのリソースを提供し、アジア系コミュニティの人々がヘイトクライムに関する情報にアクセスしやすくすることを約束しました」、「バイデン大統領とBTSは、多様性と包括性の重要性、そして希望とポジティブなメッセージを世界中に広める若き大使としてのBTSのプラットフォームについても話し合う予定です」と声明で述べている。

アメリカでアジア系を標的にしたヘイト犯罪が急増

ご存じの方も多いと思うが、2020年頃からアメリカでアジア系を標的にした嫌がらせや暴行事件などのヘイトクライムが急増。以前から人種差別や外国人嫌悪(ゼノフォビア)の問題は存在したが、ここ1〜2年で悪化したのは、新型コロナウイルスの最初の感染者が確認されたのが中国だったことが背景にあるとみられる。

とくにアメリカではアジア系の住民があからさまに敵意を向けられたり、暴力を振るわれたりする事例がコロナ前と比較して倍以上に増えており、今年に入ってからもアジア系の女性や高齢者が被害にあう事件が相次いでいる。

画像: アメリカでアジア系を標的にしたヘイト犯罪が急増

今年3月、ニューヨークでアジア系の女性が男から100回以上殴る蹴るなどの暴行を受け、重傷を負う事件が起きたほか、昨年3月にはアトランタとその近郊にある3軒のマッサージ店が銃撃され、アジア系女性6人を含む8人が殺害される事件もあった。また、Amazonプライム・ビデオのドラマ『ザ・ボーイズ』にキミコ役で出演する俳優の福原かれんも、道を歩いているときに突然見知らぬ男に後頭部を殴られる被害にあったことを明かしている。アジア系人権擁護団体のStop AAPI Hateによると、2020年3月から2021年12月31日のあいだに報告されたヘイトクライムの数は1万件以上にのぼるという。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる