1. トップ
  2. インテリア
  3. 色味や灯りをプラスして個性を出す。シンプルインテリアを好む私が買ってよかった、3つのアイテム

色味や灯りをプラスして個性を出す。シンプルインテリアを好む私が買ってよかった、3つのアイテム

  • 2022.5.24
  • 3351 views

今回アイテムを紹介してくださったのは、都内でパートナーと二人暮らしをされている、oyuさん。

美味しいものや美しい器が大好きだというoyuさん。普段から雑貨屋さんやおしゃれなカフェなどに出かけて、審美眼を養っています。

そんなoyuさんに、最近買ってよかったモノ、暮らしを豊かにしてくれたアイテムについて聞いてみました。

1. 明かりを見つめながら過ごす時間は格別。イサムノグチの「akari」

まず初めに紹介してくださったのは、和紙を通してぼんやりと灯る明かりが特徴のスタンドライト。イサム・ノグチの「akari」です。

イサム・ノグチのakari/19,800円ほどで購入

「ずっと欲しかったインテリアの一つです。以前イサム・ノグチ展に行った際に、いくつも展示してあったakariに目を奪われ、購入を決めました」

昼間の様子。シンプルでモノトーンなインテリアが好みだというoyuさんの部屋にもぴったりマッチ。シンプルなのに存在感のある照明です。

「部屋の電気を全部消してakariを見つめていると、ぼんやりとした光に癒されます。その明かりを眺めながら、友人や恋人とお酒を飲む時間は至福のひと時です」

2. 気分が落ちた時に、元気をくれる。「梅本勇さんの器」

続いて紹介してくださったのは、淡い色合いが印象的な器。梅本勇さんの作品です。大量生産の器にはない、一点一点模様の違う繊細な器ばかりです。

駒場東大前「うつわparty」で購入した梅本勇さんの器/2,000円~4,000円ほどで購入

「雑誌の記事で一目惚れしてから、ずっと忘れられなかった器なんです。調べてみたら、ちょうど近くで個展がやっていたこともあり、買いに行きました。自分のSNSのアイコンにもしているお気に入りのカラーに似た器が、1番のお気に入りです」

他にも気に入った器を少しずつ買い集めて、器のある暮らしを楽しむoyuさん。こちらもショップで一目惚れして購入したという、遠藤岳さんのコースターと、ショップ別注のマドラー。

「気分が落ちている時など元気がないときに、きらきらと輝く器を見ると癒されるんです。一つ一つの器に合う料理を考えるのはもちろんのこと、ときにはアクセサリーなどの小物を飾ったりすることも。どうしたら一番器が良い状態でいられるかを考えるのが、楽しいんです」

3. 置いたら、部屋が引き締まった印象に。CRASHGATEの「テレビボード」

そして最後に紹介してくださったのは、全国に14店舗展開するインテリアショップ「CRASHGATE」で購入されたテレビボード。ずっしりした重厚感のある木のテレビボードで、黒いガラスの引き戸が特徴です。

CRASHGATEのテレビボード/50,000円ほどで購入

「映画までの待ち時間でたまたま入ったCRASHGATEで見つけて、一目惚れしてしまいました。彼と2人で悩み、購入を決めたんです」

ボードの上にはお気に入りの韓国風雑貨や、モンステラなどの観葉植物を置いているのだそう。

「このテレビボードを買ってから部屋の雰囲気がガラリと変わり、部屋が引き締まったように感じます。遊びに来た友人からもよく褒められるので、買ってよかったなって思います」

シンプルなテイストのお部屋の中に、色味や光、素材をアクセントにしたインテリアをプラスしていくことで、唯一無二のお部屋に仕上げているoyuさん。

全体の調和がとれている、素敵なお部屋でとても参考になりました。

oyuさん

東京で、彼と2人暮らしをしています。ときめくものとおいしいたべもの、美しいうつわがすきな20代。

Instagram:https://www.instagram.com/_oyu.u/

Twitter:https://mobile.twitter.com/_bymons

元記事で読む
の記事をもっとみる