1. トップ
  2. おでかけ
  3. アウシュヴィッツに収監されたボクサー衝撃の実話…誇りを持っていたボクシングが生き延びるための手段に

アウシュヴィッツに収監されたボクサー衝撃の実話…誇りを持っていたボクシングが生き延びるための手段に

  • 2022.5.24
  • 5212 views
アウシュヴィッツに収監されたボクサー衝撃の実話…誇りを持っていたボクシングが生き延びるための手段に
(C)Iron Films sp. z o.o,TVP S.A,Cavatina GW sp.z o.o, Hardkop sp.z o.o,Moovi sp.z o.o

ホロコーストを生き延びたボクサーの実話を描いた映画『アウシュヴィッツのチャンピオン』が、7月22日より全国順次公開される。今回、予告編が公開された。

鬼気迫るボクシングシーンに注目の予告編が公開

第2次世界大戦最中の1940年。アウシュヴィッツ強制収容所に移送される人々の中に、戦前のワルシャワで“テディ”の愛称で親しまれたボクシングチャンピオン、タデウシュ・ピエトシコフスキがいた。彼には「77番」という“名”が与えられ、左腕には囚人番号の入れ墨が刻まれた。十分な寝床や食事を与えられることなく過酷な労働に従事させられていたある日、司令官たちの娯楽としてリングに立たされることに——。

2020 年、ポーランドで最も権威のあるグディニャ映画祭で金獅子賞(最優秀作品賞)を受賞し、さらに2022年同国のアカデミー賞とされるイーグル賞で4部門(撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、主演男優賞)を受賞し、話題を呼んだ本作。

今回公開された予告編は、アウシュヴィッツ強制収容所に移送される最初の囚人として、主人公のテディが連行される場面からスタートする。次々にガス室に送られる人々や射殺される人々、厳しい監視下で非道な扱いを受ける囚人らの様子が切り取られ、そこで起きていた悲劇が明らかになる。

テディは、1人のカポ(囚人の中の統率者)にボクシングチャンピオンであった才能に気付かれると、看守らの娯楽としてリングに立たされること。次々に勝利を収めていくテディの表情からは、勝ち残ったことへの喜びではなく、誇りを持っていたボクシングが生き延びるための手段となってしまった事実に葛藤する様子が伝わってくる。それでも、親しくなった少年ヤネックや囚人仲間たちのために闘いを続け、戦利品として手に入れた食料や薬を惜しげもなく分け与えるシーンには胸が締めつけられる。

主演を務めたポーランドの実力派俳優ピョートル・グウォヴァツキがクランクイン数ヵ月前からトレーニングを重ね、スタントマンなしで撮影に挑んだという鬼気迫るボクシングシーンは、本作の魅力の一つだ。テディは次第に、ナチスは無敵ではないのだという希望の象徴となり、囚人たちの士気を高めていくが…。

予告編の最後に、「いつかすべてが終わったら、君はどうやって生きる?」という司令官の言葉と共に映し出されるテディの表情が印象的だ。死の淵に立ちながらも何度も立ち上がるテディの姿に、本編への期待が高まる予告編になっている。

テディは物語の中でどのような結末を迎えるのか…その答えは劇場でたしかめよう。

『アウシュヴィッツのチャンピオン』は7月22日より全国順次公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる