1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【節度ある恋愛】恋に振り回されない「大人の女性」になるための心得

【節度ある恋愛】恋に振り回されない「大人の女性」になるための心得

  • 2022.5.23
  • 2134 views

素敵な男性との恋が実ったとき、どうしても舞い上がってしまう気持ちは分かります。

しかし、盛り上がりすぎて見苦しくなったり、自身のふるまいで他人を不快にさせたりするのは避けたいですよね。

大人の女性だからこそ、理性を保って、周りからも祝福される恋愛をしたいものでしょう。

そこで今回は、節度ある「大人の女性」になるための心得をご紹介します。

機嫌を自分でコントロールする

自分の機嫌を自分でコントロールして、公私を分けたふるまいができるのが、大人の女性と言われる人でしょう。

機嫌がよければ後輩のミスに対しても優しくアドバイスする程度だけれど、機嫌が悪いと一日中イライラしたり愚痴をこぼしたり、ヒステリーで怒鳴られたり……。

こんな態度は決して大人と言われる女性のものではないですし、しかもその原因が恋愛がらみとなれば、周りはウンザリしてしまうはず。

それだけ普段のふるまいは重要で、行動が変わった時の印象にも影響してきます。

恋愛に限らず、いいことがあったときもそうでないときも、なるべくニュートラルでいたいものですね。

惚気話はTPOをわきまえて

素敵な男性との恋が実ったら、舞い上がって彼のことを話したくなることもあるでしょう。

しかし、そんな気持ちに振り回されるのか、それとも節度を持って惚気るのかは重要なポイントのはず。

場所もわきまえずに恋愛話で盛り上がるのは、大人の女性の振る舞いではありませんよね。

また、誰彼かまわず聞こえるような声量で話していれば、迷惑に感じたり、自慢話にしか聞こえないと思われたりすることもあるでしょう。

そういった話で盛り上がりたいのなら、同じく彼ができたばかり、または恋愛真っ最中の友達など、同じテンションで話せる人同士で大いに語り合ってください。

くれぐれもTPOをわきまえた言動を意識しましょう。

大人なふるまいを意識して

恋をするときれいになると言うように、たとえ言葉にしなくても、あなたが恋愛で盛り上がっていることは、その雰囲気だけで充分に伝わっています。

そこに実際の言動が加われば、自分が思っている以上に舞い上がって見えるもの。

自信の感情に振り回されるのは、節度ある大人のふるまいではありません。

普段は理性的なのに、好きな男性の前でだけ艶めいて色っぽくなる、そんな優雅な恋の形が理想でしょう。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる