1. トップ
  2. 恋愛
  3. 小嶋陽菜さんインタビュー「アイドル時代の経験値が経営者としての自信をくれた」【前編】

小嶋陽菜さんインタビュー「アイドル時代の経験値が経営者としての自信をくれた」【前編】

  • 2022.5.20
  • 1661 views

「品よく」「可愛く」「力強く」生きる、レディたち憧れの女性にお話をうかがう『幸福美女図鑑』。アイドルからモデル、そして自身のブランドを手がける経営者へと華麗なる変身を遂げた〝こじはる〟こと小嶋陽菜さんが久しぶりに美人百花に登場♡ ますますキラキラが止まらないその生き方に迫りました。

人生で二度も『みんなで同じビジョンを持ってがんばろう!』というプロジェクトに関わるとは思わなかった

出典: 美人百花.com

――29歳の誕生日、AKBを卒業。30歳まで残り1年のタイミングで、スケジュールをほぼ白紙にした。その1年はインプットする時期と決めて、自由気ままに旅行をしたり、いろいろな人に会ったり。そのなかでじっくり思いを育て、その翌年発表したのが自身のブランド『Her lip to(ハーリップトゥ)』だ。

「アパレルブランドをやるぞ!と意気込んだわけではなく、これまで一緒に過ごしてきたファンの方、私のインスタを見て『好き』と言ってくれる方と、手の届く範囲で自分の好きな服やアイテムをシェアしていけたらいいなと思ったのがスタートだったんです」

――アイドル時代から「ファンに喜んでもらえることをやりたい」と言い続けていた彼女らしい選択だったかもしれない。だから企業と組んでのプロデュースではなく、自分が一から納得いくまでものづくりをし、友達にすすめるような感覚で〝今、私が着たい服〞を発信していった。

「その発信を受け取った方たちが『Her lip toの服を着てたら彼にほめられた』とか、自分の成功体験をSNSでたくさん発信してくれたんです。それでブランド認知がどんどん広がっていったのかなと思います」

――その中でも特に意識しているのは『シルエットの美しさ』だそう。

「ずっと人に見られる仕事をしてきたから、その知見はあるかなと。こんなシルエットにしたらスタイルよく見えるという自分の経験をお洋服に反映しています。以前よりはカジュアルに伝えられる機会が増えてきていると思いますが、特に近ければ近い人にほど褒められることって意外と少なく、自己肯定感があげにくい印象がありますが、誰かに服をほめられたのをきっかけに自分に自信を持ってくれたらいいなという、それが私の願いでもあって」

ーーSNSを見ていると、Her lip toの服を着て友達とアフタヌーンティーに行ったり、ホテルステイする方が多いそう。ここ1、2年は、Her lip toの服を着てどこかへ行く、という『体験』を提供したいというのもコンセプトのひとつで、ポップアップストアや昨年代官山でオープンした期間限定のカフェもその一環。普段の販売形態はECだが、ポップアップストアなどのイベントでは小嶋さん自身が空間プロデュースから接客もする力の入れようで、売り上げも好調。ブランド立ち上げから2年後には会社を設立し、ものづくりやプロデュースの他、経営に力を注ぐ時間が増えた。その一方で、〝表に出る仕事〞とのバランスの難しさを感じているそう。

「今、そこが一番の課題なんですよね。表の仕事と裏方の仕事の割合が今3:7ぐらいなんですけど、自分がキラキラしている存在であることは前提だと思っているんです。だからといって、経営者としてももっと成長しなければお客さまにいいものを届けられないとも感じていて。自分のなかでせめぎ合っています」

出典: 美人百花.com

――小嶋さんのブランド運営論を聞いていると、その情熱に圧倒されてしまう。週末も、経営メンバーのブレスト合宿、YouTubeの動画編集、TikTokの撮影などであっという間に過ぎてしまうとか。

「でも、つらいとはかは思わなくて。会社のメンバーもどんどん増え、今は業務委託を含めて40人ぐらいいて。まさか人生で二度も『みんなで同じビジョンを持ってがんばろう!』というプロジェクトに関わるとは思わなかったです。ただし、アイドルやモデルという立場では与えられた場所でベストを尽くせばよかったけれど、今はその場所を私がつくらなきゃいけない。ビジョンを掲げる側は初めてのことなので、そこはがんばっているところです。その点、本当にありがたいと思うのは、やはりAKB時代の経験の積み上げ。見させてもらったこと、やらせてもらった経験値は同世代と違う。それがトップとして意思決定しなければいけないときの自信につながっているんだと、最近ようやく気がついたんですよ」

――セカンドキャリアを歩むアイドルの中でもひと際輝いて見える小嶋さんの夢は?

「夢!? 壮大なことを想像することはあまりなくて、結構現実的に考えるタイプなんですよね(笑)。目標ということで言うと、服やビューティーのさらにその先というのは考えてます。サプライズを届けたい、というのはアイドル時代からずっと思ってきたこと。もっと大きなビジョンを持って、みんなが面白いと思ってくれることを仕掛け続けたいと思います」

ー後編に続くー

Paisley Cotton Lace Long Dress (powder sky)¥25,300/Her lip to その他/すべて本人私物

Profile

小嶋陽菜(こじまはるな)

1988年生まれ、埼玉県出身。2005年、AKB48の第1期メンバーとして活動を開始。またモデルやタレントなど多方面で活躍し、2017年4月、AKB48を卒業。2018年6月に自身のプロデュースブランド「Her lip to」をスタート。現在はモデル・タレント業も続けながら、ブランドプロデュースと経営に力を注いでいる。

掲載:美人百花2022年4月号「幸福美女図鑑」

撮影/中村完(f‐me) ヘアメイク/犬木愛 取材・文/みやじまなおみ

元記事で読む
の記事をもっとみる