1. トップ
  2. 恋愛
  3. 付き合ってて大丈夫?男性が彼女と【価値観が合わない】瞬間って?

付き合ってて大丈夫?男性が彼女と【価値観が合わない】瞬間って?

  • 2022.5.17
  • 1234 views

付き合っていて、価値観の合わない相手とは一緒にいても辛いだけですよね。その時は良くても、今後同棲や結婚生活のように長い時間を一緒に過ごしていくのなら、価値観が一致することは非常に重要です。


では、男性はどんな時に「あれ?価値観、合ってない?」と不安になることが多いのでしょうか。

冠婚葬祭の価値観が合わない

冠婚葬祭は、ある程度のマナーが決まっています。たとえば結婚式に出席する時は白い服を避けてご祝儀は30,000円とか、葬儀の時はメイクを地味にするとか、お祝いをもらったら半返しするとか、そういうマナーがありますよね。


そういうものに対しての考え方が違うと、価値観の相違を痛感する人が多いようです。たとえば、彼が友達の結婚式に行くのに30,000円のご祝儀を用意しているのを見て「え、10,000円で節約しなよ!」なんて言うと、価値観が合わなくて無理だと思われるでしょう。

食事への向き合い方が違う

生活していく上では、食事の価値観も大切です。好みや味付けはもちろん、食生活も重要になってくるでしょう。
たとえば、自分はできるだけ手料理を作って節約して健康に良いものを食べたいのに、彼は味の濃いレトルトばかりなどの食生活だと、お互いに「なんか一緒にいても食事のたびに喧嘩になりそう」と思って、価値観の差を痛感するかもしれません。

金銭感覚

お互いの価値観がもっとも出るのは、やはり金銭感覚ですよね。
節約デートが好きな人と派手なデートが好きな人は、仮に年収や貯金額が同じでも、相性が悪いと言わざるを得ません。一緒にいても、デートを楽しめずストレスを貯めるばかりになるでしょう。二人とも相手の生活に合わせることができないなら、早めに別れるのもアリなのかもしれません。

お互いのためにも価値観の合う相手と付き合おう!

最初は相性が良い相手だと思っていても、価値観が合わない人と長くいると辛いことも増えてきます。
お互いに自分の価値観が正しいと思っているため、相手に対してイライラしてしまうこともあるでしょう。もしそういう差があまりにも大きいのなら、お互いの幸せのためにも、価値観の合う相手を探すのも良いかもしれませんね。(土井春香/ライター)


(ハウコレ編集部)



元記事で読む
の記事をもっとみる