1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【4コマ】緊急事態!予約した飛行機に乗れない!?【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル(12)】

【4コマ】緊急事態!予約した飛行機に乗れない!?【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル(12)】

  • 2022.5.8
  • 37469 views

<緊急事態!予約した飛行機に乗れない!?>漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル 4コマ漫画[#12]

前回に続いて飛行機でのトラブル経験談です。
空の旅は余裕をもってスケジューリングしましょう。

時間ギリギリにチェックインカウンターに行ったりすると、オーバーブッキングの悲劇に巻き込まれるかも…?

●事例

ゴールデンウィークに海外旅行を楽しんだCさん。
帰りの飛行機に乗るため空港へ向かいましたが、交通渋滞で時間ギリギリになってしまいました。

空港到着後、チェックインカウンターで衝撃的な内容を告げられます。
「当便は満席になりましたので、明日の便に乗ってください」

思わず絶句するCさん。
そう、オーバーブッキングに遭ってしまったのです。

翌日は仕事で、予定の便に乗れないと重要な会議に出席できません。。。

●なぜ被害に遭ったのか?

運悪くオーバーブッキングに巻き込まれてしまったCさん。
オーバーブッキングとは実際の座席数より予約乗客数の方が多い状態を指します。

航空会社は乗客のキャンセルや乗り遅れを見越して座席数よりも多く予約を受け付けることがありますが、読みが外れると一部の乗客が乗れなくなってしまう事態に。

その場合、航空会社は振替便や宿泊の手配、補償金を用意してくれます。
とはいえ、予定していた便に乗れないとかなり困りますよね。

Cさんの場合、
・GWという混雑した時期だった
・チェックインが遅かった
この2点がオーバーブッキングで座席を確保できなかった原因でしょう。

●教訓

オーバーブッキングに遭わないためには、チェックインを早く済ませることが重要です。近年はWEBチェックインを導入している航空会社も多いので積極的に利用してくださいね。

そして万が一オーバーブッキングに遭ってしまったときのために、帰国後のスケジュールはゆとりを持って組みましょう。

また、オーバーブッキングの対応は航空会社によって様々です。どこまで補償してもらえるのかカウンターで確認する必要があります。内容に納得できるまできっちり交渉してくださいね。

以上、今回はオーバーブッキングの対処法でした。
エコノミーが満席時のアップグレードなら大歓迎ですけどね。。。

元記事で読む
の記事をもっとみる