1. トップ
  2. パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】

  • 2022.5.7
  • 1705 views

日本の「HIGASHIYA」や「八雲茶寮」を手がけたことでも有名な、建築家の緒方慎一郎氏がプロデュースした「OGATA Paris」。

17世紀の建物を3年がかりで工事、2019年の12月にオープンしました。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

わたしが日本に住んでいた時、手土産はいつも銀座HIGASHIYAさんで購入していました。

当時ランチ時間の店内ではフランス語が聞こえてきて、フランス人のお客様が多いなと思ったのを覚えています。壁一面に商品が整列した商品が美しく、時間を忘れてランチやお茶できる空間が大好きでした。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

OGATA Parisが出来て、日本人としてとても誇らしいです。

こちらのレストランは一度伺ったことがありました。私のカリグラフィーの生徒さんがOGATAで働いていらっしゃった関係でレストランを予約していただいたのです。

照明の明るさやオブジェや食器など、空間までも全てがこだわり抜いたものだろうと想像できて、レストランというよりギャラリーという印象でした。日本酒の種類の豊富さ、繊細な味のお食事と美しさに感動しっぱなしでした。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

そして今回は韓国人のお友達の結婚のお祝いに一緒に茶房へ伺いました。

サロンの設計は細かいディテールまで美が宿っています。照明はぼんやりした薄明かり、谷崎潤一郎『陰翳礼賛』に書かれている薄明かりの美学を再現しているかのような世界。

 

まず煎茶とジントニックのカクテルを出していただきました。美しいグラスと共に。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

最初に茶葉のサンプルを見せていただき、飲みたいと思う茶葉を選びます。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

私が選んだのは三大玉露の一つ、福岡八女の高級玉露。一煎目は35°の温度の少量のお湯で3分蒸します。一口ほどの量の凝縮されたお茶は今まで飲んだことがない「うま味」。ニ煎目も同じくいただき、三煎目は65°のお湯、四煎目は85°のお湯で、最後までお茶が苦くならずに美味しく飲めます。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

そしてお茶をいただいた後の茶葉は食べられるんです。無農薬でしかも柔らかい新芽を摘んでいるという、こちらの茶葉。ポン酢をかけていただきました。茶葉を食べたのは生まれて初めてです。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

その後は2番目に選んだ焙じ茶。コンロで茎茶を焙煎するところを目の前で見れます。

私はお茶の香りを楽しむために、日本から茶香炉を持ってきました。この香ばしい香りが大好きです。コンロで高温で煎るとたちまち焙じ茶の良い香りが立ち上ります。渋みが全くない後味スッキリの焙じ茶でした。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

一緒にいただいた一口おにぎりや和菓子の盛り合わせは15種ほど。

イチゴと白和、桜餅、どら焼き、寒天など繊細なお味。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

最後はお抹茶です。お抹茶の点て方は私が裏千家で習っている方法とは少し違ってとても興味深かったです。

お湯を入れて茶筅でお抹茶を点てるテンポは速いところから段々弱くリズミカルにデクレッシェンド、音楽みたい!お点前に思わず拍手したくなりました。

友達が「美しい仕草に恋してしまったわ。あんなに綺麗な動きは心からじゃないとできない」と。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

そして茶房の隣には新しくお香のサロンができ、聞香や香遊びが出来る素敵な空間が出来ていました。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

松栄堂さんとコラボレーションして開発した香りが素晴らしかったです。他にも丁子や橘、山椒などモダンで多様な材料も見れて面白いです。

懐かしい香りを嗅いで、それが白檀入りだと分かりました。扇子の香りです。

学生時代に日本文化の香道の授業があり、京都の松栄堂さんで香木の聞香を経験したことを思い出しました。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

友達に、『香道では香りを「嗅ぐ」ではなくて「聞く」という表現をする』という話をしたら「なんて美しい表現なの!」と感激していました。

 

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

 

私も友達も全てが真新しい経験であっという間に3時間経過。友達はとても楽しんでくれた様子で「今日の経験は一生心に残る。あなたの愛情に感謝するわ」とキラキラの目で言ってくれました。

今年、OGATA Parisのレストランはミシュラン一つ星を獲得されました。
一昨年から、スタッフの方々にカリグラフィーの講習をさせていただいたこともあり、私にとっても嬉しいニュースです。
五感が研ぎ澄まされる場所、それがOGATA Paris です。

 

 

text:竹内 仁海

パリに居ながらにして、洗練された“和”の雰囲気を堪能できる複合施設「OGATA paris」へ【夢見るパリ】
出典 FUDGE.jp

パリ在住11年目。
イタリア人の夫とパリ4区にあるカリグラフィー専門店 “メロディ グラフィック”を経営する傍らカリグラファーとして活躍。結婚式やパーティ、パリコレの招待状や宛名書き、メッセージの代筆、ロゴ制作、フランス映画・コマーシャルの演出アイテムとしてカリグラフィーを担当。
パリから“暮らしの美学”をお届けします。

Instagram:@melodiesgraphiques

 

 

元記事で読む
の記事をもっとみる