1. トップ
  2. ファッション
  3. 今日のデニムはホワイト?それともブラック?

今日のデニムはホワイト?それともブラック?

  • 2022.5.6
  • 2464 views

ホワイトデニムで装いを一新

気軽に“ブランニューデニム”を楽しむならホワイトが狙い目。カジュアルな中にもどこか洗練のムードが宿って装いが一変、春のデニムスタイルに差がつきます。ホワイトデニムで脱マンネリを目指そう。

思い切ったオールホワイトが春の街に映える

ジャケット×スカートのセットアップスタイルを真っ白なデニムにするだけで、こんなにも爽やかな印象に。どちらもジャストサイズで着こなすと、お行儀のよさが加わってラフなイメージを払拭できる

今日のデニムはホワイト?それともブラック?
出典 FUDGE.jp

デニムジャケット ¥28600、スカート ¥19800/ともにGRANDMA MAMA DAUGHTER(チームキットカンパニー)、バッグパック ¥13200/LENO(グッドスタンディング)、スニーカー ¥13200/CONVERSE(コンバースインフォメーションセンター)、その他/スタイリスト私物

 

生成りのデニムパンツで上品な抜け感をつくる

ジェントルライクなジャケットスタイルをデニムパンツで程よくカジュアルダウン。生成り特有のナチュラルな風合いが、着こなしを優しい雰囲気へと導いてくれる。ポロシャツで色を添えたテクニックにも洒落感が宿る。

今日のデニムはホワイト?それともブラック?
出典 FUDGE.jp

 

装いを味付けるジャケットのワーク感

1年を通して活躍するストライプ柄のシャツワンピースに白のデニムジャケットを羽織ると、装いが一気に春仕様に。フラップポケットやアジャストベルトなど、ディテールから漂うワークムードが着こなしを印象づける。

今日のデニムはホワイト?それともブラック?
出典 FUDGE.jp

 

ブラックデニムでドレスアップ

「黒は女性を美しく魅せる」とある映画で耳にした素敵な言葉。デニムだって同じこと。シックなブラックデニムなら、ラフな装いはもちろん、カジュアルアップだって叶います。大切なのは乙女のマインドと上品な小物を取り入れるテクニック!

ブラックデニムと優雅なブラウスでシックなパリジェンヌを気取って

《リノ》の人気ジーンズ「シャーロット」の新色、ブラック。タイトなテーパードシルエットが美しく、華やかなフリルブラウスを合わせただけで、もうお上品。ハットやバレエシューズでレディな愛嬌も振りまいて。

今日のデニムはホワイト?それともブラック?
出典 FUDGE.jp

デニムパンツ ¥24200/LENO(グッドスタンディング)、ブラウス ¥35200/Bilitis dix-sept ans(ビリティス)、ハット ¥20900/THE FACTORYMADE(中央帽子)、メガネ ¥36300/ayame(アヤメ)、シューズ ¥47300/Repetto(ルック ブティック事業部)、ソックス/スタイリスト私物

 

辛めにクラスアップするオーバーオールスタイル

ブラックデニムのオーバーオールに合わせて全体を黒で整えるとスタイリッシュな装いが完成。パールのネックレスやストラップシューズでレディを薫らせたり、Tシャツや靴下の白でメリハリをつけたり、小粋な技がニクイ。

今日のデニムはホワイト?それともブラック?
出典 FUDGE.jp

オーバーオール ¥51700/SCYE BASICS(マスターピースショールーム)、ライダースジャケット ¥99000/beautiful people(ビューティフルピープル 青山店)、ニット帽 ¥9900/COMESANDGOSE(アルファPR)、メガネ ¥36300/ayame(アヤメ)、ネックレス¥123200/VENDOME AOYAMA(ヴァンドームヤマダ)、バッグ ¥20900/Bilitis dix-sept ans(ビリティス)、シューズ ¥26400/Catworth(グラストンベリーショールーム)、ソックス/スタイリスト私物

 

 

photograph_Kojima Yohei
styling_Nakako Nao
hair&make-up_Onishi Akemi
model_Alina Kos
edit_Chikazawa Yui 〈KIP Inc.〉
design_Matsuoka Satsuki

 

FUDGE vol.225 2022年4月号より

 

 

元記事で読む
の記事をもっとみる