1. トップ
  2. 志尊淳のぶっきらぼうだけど心に優しさがある役作りに「いい案配」

志尊淳のぶっきらぼうだけど心に優しさがある役作りに「いい案配」

  • 2022.5.5
  • 453 views
志尊淳のぶっきらぼうだけど心に優しさがある役作りに「いい案配」
(C)2022「バブル」製作委員会

『バブル』志尊淳とりりあ。の役作りがわかる映像公開

『進撃の巨人』の荒木哲郎監督が川村元気プロデューサーとタッグを組み、脚本・虚淵玄、キャラクターデザイン原案・小畑健、音楽・澤野弘之という布陣で臨んだ超大型オリジナルアニメ『バブル』が5月13日に全国公開、Netflixでは配信中だ。このたび、本作品で幼い頃から特殊な聴覚をもつバトルクールチーム“ブルーブレイズ”のエース・ヒビキを演じた志尊淳と、ヒビキの前に突然現れた言葉を知らない謎の少女・ウタを演じた“りりあ。”の対談を収録した映像『キャスト編1』が公開された。

 

公開された映像は、ヒビキとウタの2人にしか聞こえないハミングに導かれ、出会い、惹かれ合い、抗うことのできない運命に立ち向かう姿を瑞々しく美しく映し出す。

ヒビキは他人とのコミュニケーションを好まない性格で、1人での自主練やワンマンプレーでチームのメンバーとも距離をおくキャラクター。志尊はヒビキを「ヒビキは過去のある出来事をきっかけに、自分を表現することが苦手だけども、根は等身大の男の子だと思っています」と分析する。

荒木監督は、そんな志尊の役作りを絶賛。

「志尊さんには“この役は心をフルクローズしていた人がフルオープンになる話で、その変化というものを志尊さんの声で伝えてほしい“と伝えました。志尊さんは、ぶっきらぼうだけど優しさが心の中に存在する案配を作ってくれました」

一方でりりあ。は、ウタというキャラクターについて 「ウタは天真爛漫で何事にも興味津々で何も知らない女の子なので可愛いなと思いました」と印象を語る。

荒木監督はりりあ。については「普段のりりあ。さんの自然な笑い声がすごくいいと思っていて、雑談の中の笑い声も映画で切り取って使用しています」と、ナチュラルなりりあ。の声の魅力を生かした制作の裏側を明かした。

そんな荒木監督についてりりあ。は、「勝手なイメージで“監督”って怖いイメージがあったのですが、荒木監督はすごく優しくて、寄り添ってくれている感じがしてアフレコもやりやすかったです」と振り返る。

一方の志尊は、「あまりアニメーションを作る過程に携わってこなかったので、監督の演出に興味がありました」と当時を振り返り、「アフレコをやるうえで、“その状況を体に負荷をかけて言ってみたほうがいいよ”とアドバイスいただきました。一緒にやってすごく気持ちよかったし、すごい人だなと感じました」と語る。

東京を“戦場”にした青春アクション・ラブストーリー

重力が壊れた東京で、少年と少女の思いが引かれ合う、グラビティ・アクション・ラブストーリー。

世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力〈グラビティ〉が壊れた東京。ライフラインが断たれた東京は、家族を失った一部の若者たちの住処となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。

ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは、無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまった。そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタが、ヒビキの命を救う。驚異的な身体能力を持つウタは、ヒビキと彼のチームメンバーたちと共に暮らすことになる。そこには、メンバーたちの面倒を見ながら降泡現象を観測し続ける科学者マコトの姿もあった。

賑やかな仲間たちとたわいのない会話で笑い合う日常生活に溶け込んでいくウタ。なぜか2人だけに聞こえるハミングをきっかけに、ヒビキとウタは心を通わせていく。

しかし、ヒビキがウタに触れようとすると、ウタは悲しげな表情を浮かべて離れてしまうのだった……。

ある日、東京で再び降泡現象がはじまった。降り注ぐ未知の泡、ふたたび沈没の危機に陥る東京。泡が奏でるハミングを聞きとったウタは、突然ヒビキの前から姿を消してしまう……。なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか? 2人は、世界を崩壊から救うことができるのか??

『バブル』は5月13日に全国で劇場公開、Netflixで全世界配信中。

元記事で読む
の記事をもっとみる