1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 買ったのに全然使わなかった! 女性約100人に聞いた「買って後悔した家電・生活用品」16選

買ったのに全然使わなかった! 女性約100人に聞いた「買って後悔した家電・生活用品」16選

  • 2022.5.1
  • 67662 views

あなたの家にも買ったはいいものの、使い勝手が想像と違って使わずにホコリを被っているアイテムがありませんか? 今回は100人以上の女性たちに聞いた「買って後悔したモノ」を家電やキッチン用品、生活用品、家具別にまとめてみました。これからの買い物で失敗したくない方はきっと参考になるはず。今すぐチェックしてみて!

結局手間になる!【買って後悔した家電】

これまでanan Beauty+ clubのメンバーを対象に調査した「買って後悔したもの」をアイテムの種類別にまとめてみました。

まずは「買って後悔した家電」から見ていきましょう。

※ anan Beauty+ club…美容・健康・エコ好きな女性たち約100名が集まるanan Beauty+の読者組織。

ロボット掃除機

「コードやソファ下の段差に引っかかったときの救出がめんどくさくなり使用していません。1年に1回くらいしか稼働していないかも…」(37歳・会社員)
「カーペットも敷いてるし、夫は床にものを置きがちだし、もう使ってません!」(29歳・専門職)

便利ではあるものの、床に物を置いていたり、段差があったりするとうまく稼働しないとのこと。

楽をしたくて買ったのに、結局手間がかかるという事態が発生しているようです。

コーヒーメーカー

「指定のコーヒー豆を入れないといけなくて、だんだん使わなくなっていった」(34歳・専門職)
「洗うのを含め、メンテナンスもめんどくさいので使わなくなってしまった」(38歳・専門職)

おうち時間が増えたことによって、需要が高まったコーヒーメーカー。優雅なコーヒータイムとは裏腹に、お手入れが意外と大変なんです。

コーヒー豆を買いに行ったつもりが、ついできあいのコーヒーを買ってしまうなんてことも!?

衣類スチーマー

「便利だとは思ったけど、シワになるものをあまり着ないので出番がない」(38歳・専門職)
「お水を入れるなど準備が大変。意外と大きくて保管も大変なうえに、そこまでシワも伸びなくて出番なし。結局普通のアイロンを買い直しました」(32歳・主婦)

一台あると便利そうな衣類スチーマーですが、使い道がないという意見も。

ピシッとした仕上がりが好きで、通常のアイロンのほうがいいと感じる方もいるようです。

※ 文・比嘉桃子
※ 2022年3月3日配信

結局しまったまま…【買って後悔したキッチン用品】

電気圧力鍋

「なかなか使う機会がありません」(34歳・会社員)
「便利だと思って買ったけど、重いしコンセントの近くじゃないと使えないので、結局しまったまま」(38歳・その他)

キッチンのコンセントは、冷蔵庫やら電子レンジやらで埋まりがち。

電気圧力鍋を出して、余っているコンセントに延長コードを取り付けて、と考えていると、面倒になってしまいそうです。

IHヒーター

「コンロが1つしかなく、同時に調理ができないので、IHヒーターを購入したが、キッチン自体が狭くて置く場所に困り、床で使うしかなくなった」(34歳・自営業)

また、床に置く羽目になったIHヒーター。2口コンロで同時調理は時短になるのでぜひともしたいところですが、1品は立って、もう1品は座って調理となると労力を使いそう。

それでも同時調理を取るか、1口のまま我慢するか、ジャッジはどちらに慣れやすいか、にかかっているかもしれません。

ミキサー

「美味しいフルーツジュースを飲むおしゃれな生活をしようと思って買ったが、面倒で一度も出番なし」(30歳・会社員)
「スムージーにハマっていた時に購入しましたが、特に冬場は飲まないので全然使っていないです」(31歳・会社員)

スムージーやスープを作るのに便利なミキサー。あると料理の幅が広がるものの、「場所を取る」「お手入れが大変」などと課題は残るよう。

使いこなせれば楽になるのかもしれませんが、はじめの一歩がなかなか踏み出せないものです。

ハンドブレンダー

「料理がはかどるかと思って購入したが、場所を取るので出しっぱなしにはできず、しまったままの状態。使ったとしても洗うのがおっくうになる」(31歳・会社員)
「いろいろとモードがあって使いこなせていない」(34歳・会社員)

ミキサーと同じく料理の幅が広がりそうなハンドブレンダーですが、こちらも「面倒」という意見が出てきました。

また、多機能なものは使いこなすのにひと苦労。シンプルイズベストなのかもしれませんね。

キッチンワゴン

「便利だと思って購入したけれど、キッチンが狭くて邪魔になりました。キッチンに付属の棚や冷蔵庫周りを整理してワゴンのものを入れ、キッチンワゴンをなくしたらかなりスッキリしました」(30会社員・公務員)

キッチンワゴン自体は重宝するものの、キッチンのサイズで厄介ものになる場合があるよう。都内の1人暮らし用ワンルームなどだとキッチンが広いケースは少ないですよね。
自炊したい方、料理を楽しみたい方は、キッチンが比較的ゆとりある物件が望ましいと言えそうです。

ただ、キッチンワゴンはこんな肯定意見もありました。

「通路にキッチンがある造りなんですが、通路は狭くなるものの、無印良品の腰くらいの高さの3段の棚を買ったらめちゃくちゃ便利でした!
料理中に後ろを向けば調味料がすぐ取れるのでストレスがないです。金属っぽい作りのもので、横に引っ掛け収納ができるのもポイントです」(28歳・会社員)

場所は取るけれど便利さが上回るケースでしょう。すべてが満足というのはなかなか難しいもの。最優先事項が叶う使い方をしたいですね。

水切り器

「サラダを作るのに便利かと思ったけど、大きいしかさばるので、結局ザルで洗っている」(38歳・その他)

レバーをクルクルと回すだけで野菜の水が切れるという便利グッズ。

たしかに便利ではあるのですが、難点はその大きさ。取り出しやすいところに置いておきたいものの、邪魔で結局奥へと追いやられる羽目に…。

玉子焼き器

「昔ながらの四角い玉子焼きに憧れて購入したけど、玉子焼きだけ作るということはなく、結局フライパンで玉子焼きも作っている」(33歳・会社員)

料理をするときはなるべく洗い物を減らしたいもの。玉子焼きを作るためだけに洗い物が増えるとなると、ちょっと割に合わないかも。

両端もきれいな四角になった玉子焼き、見た目はきれいなのですが、フライパンを洗う手間には変えられない!

※ 文・比嘉桃子
※ 2022年3月3日配信

なかなか使わない…【買って後悔した生活用品・家具】

アロマディフューザー

「なかなか使わない。トイレ用にもアロマを買ってみたけど、トイレ備え付けの脱臭機能で十分」(38歳・自由業)

“家用にアロマを買ったものの、中身がなくなったまま放置されている”という経験がある人も多いのでは? アロマを焚いた空間はリラックスできそうですが、そのためには交換の手間など面倒なことも行う必要があるようです。

キャンドル

「私、おしゃれにおうち時間を過ごすようなタイプではなかった…」(37歳・会社員)

“キャンドルを炊きながらおうちでゆっくりマッサージ…”という時間は優雅で憧れますよね。しかし、実際はちょっと面倒。火を灯すことなく終わってしまうこともあるようです。

100均グッズ

「小物類を100均のケースに入れたら家全体がすごく安っぽくなってしまった」(33歳・クリエイティブ職)

100均グッズは利用しない手はないと思いますが、見せる収納はもう少し値は張るけれど自分が好きなものが良さそうです。100均グッズは、引き出しやクローゼット内の整理に活用してみるといいかもしれません。

収納用のカゴ

「見た目が可愛くて丸いカゴを買ったけど、収納するには四角いほうが無駄なスペースなく使える」(38歳・専門職)

可愛さ重視で収納グッズを買ってしまうと、使い勝手の部分でどうしても物足りなく感じてしまうことも。見た目が可愛いとつい手にとってしまうのですが、機能性をしっかりと見極める必要がありそうです。

ソファ

「ソファが大きすぎて、手放すか迷っています。また、初めは硬さがちょうどいいと思っていたら、1か月ほどで柔らかく…。10万円以上したのに残念です」(32歳・自営業)

「見た目重視で可愛い二人掛けにしたが、もう少し大きくてお昼寝しやすいサイズにすればよかった!」(29歳・専門職)

ソファは値段も高く、手放すのも一苦労なだけに失敗するとダメージも大きそうです。部屋の内見時に各所のサイズを測り、それに見合ったインテリアを購入したりお試しできたりするといいですよね。

「本棚や棚を置いて収納しているのに、中身が丸見えだからか散らかって見えます。なので、扉付きの収納棚に替えようと思っています」(31歳・会社員)

収納棚を買ってそこに入れているのに散らかって見えるのは悲しいですよね。スッキリさせるためのアイテムが何の効果もないなんて。見せる収納はなかなか難しく、隠す収納が整理整頓の近道と言えそうです。

※ 文・田中亜子
※ 2022年3月21日配信

暮らしを豊かにするはずが…

いつもの暮らしを便利に、快適にするために購入したけれど、あまり使わなかったり、思っていたのと違っていたりして、お蔵入りになっているモノがある人は意外と多いようです。

ゴールデンウィークに新しいものを色々とそろえようと考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

©New Africa/Shutterstock
©Mint Images/Getty Images
©DEX IMAGE/Getty Images
©imaginima/Getty Images

文・比嘉桃子、田中亜子 再編集・Nana

元記事で読む
の記事をもっとみる