1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「早生まれ」は保活に不利!? 保活を後回しにしていたツケがきた話【あり子のワーママ奮闘記 Vol.22】

「早生まれ」は保活に不利!? 保活を後回しにしていたツケがきた話【あり子のワーママ奮闘記 Vol.22】

  • 2022.4.29
  • 2418 views

こんにちは、宝あり子です。

「保活」

それは子どもを保育園へ入れるための活動。

妊娠中から保活される方もいらっしゃいます。

しかし、わたしは妊娠中に保活することを思いつきませんでした。

■「保活は大変」と聞いてはいたけど…

産後に保育園の申し込みが始まったら、保活を始めようと思っていました。

妊娠中に保育園について考えていたのは、

「3月が予定日だから、3月に出産した場合は、翌年の4月から復職かな」

ということと、

これだけでした。

テレビなどで「保活は大変」ということは知っていました。

しかし家の周りには保育園もいくつかあったので、保育園の数は多いし自分の地域は大丈夫だろうと思っていました。

そして、正直なところ赤ちゃんがまだ産まれていないのに、保活を始めることにピンときていませんでした。

“保活は早めに始めた方が良い”

わたしが住んでいる地域も、それに該当する地域だったことを知ったのは出産後でした。

■「早生まれ」は保活に不利!?

わたしが保活に焦りだしたのは、同じく育休中の先輩と会ったときです。

当然ながら会話は「復職、保活について」になりました。

先輩からそう聞かれたので、

「3月生まれなので、ちょうど来年の4月から復職しようかと…」

と、考えていたことを話しました。

すると…。

■早生まれの4月入園がむずかしい理由

「ひよこちゃん3月生まれだから、来年の4月入園だと1歳クラスだよね。1歳児クラスは地域によっては、倍率が高いみたいで…」

お恥ずかしながら、その知識さえ私にはありませんでした。

確かに先輩のおっしゃる通りです。

1歳児クラスは0歳児クラスから上がる子がほとんどなので、募集人数が0歳児クラスより少ないです。

そして、わたしと同じように、子どもが1歳になったら復職を考える方もいらっしゃいます。

保育園激戦区では1歳児の4月入園はむずかしいから、0歳での入園のほうが入りやすい。

しかし早生まれは、0歳児での4月入園がむずかしい。

3月生まれの娘も保育園入園がむずかしいかもしれない、という事態に気づいて、ようやく焦りだしました。

こうしてわたしの保活がはじまりました。

続きます。

(宝あり子)

元記事で読む
の記事をもっとみる