1. トップ
  2. レシピ
  3. おコメ食べてますか?

おコメ食べてますか?

  • 2022.4.24
  • 2547 views

日本の食卓に欠かすことができず、多くの人がほぼ毎日・毎食食べるご飯(お米)。味も腹持ちもよく、ご飯さえあればなんとかなる!と頼りになりますよね。それだけに、ご飯の食べ方、炊き方、お米の選び方にはこだわりをお持ちなのでは。そこで、皆さんの「ご飯愛」を教えていただきました。

ご飯大好き!ウチのこだわり

地方のお米に大変ハマっています!滋賀や三重のコシヒカリ、茨城、千葉のお米全般などなど。五年ほど前ですか、「さがびより」を何気なく買ったらすごく美味しくて、地方の米って侮れない!!!と覚醒してから、色々試しているうちに「さがびより」が特Aになり、より一層地方のお米の美味しさを求めるようになりました。最近は岡山のお米に目をつけています。色んな地方で美味しいお米が栽培されていることに、すごく喜びと感動を覚えています。
(みずい/愛知県名古屋市)

土鍋で炊いています。点火して11分加熱、蒸らし12分が我が家の定番。炊飯器とは違う格別な美味しさ!炊き上がったらこの土鍋を食卓に持って行って、自分で好きなだけよそってもらうようにしています~。これがまた楽しい!子どもたちもよくおかわりするようになりました!
(ももちゃん/秋田県秋田市)

実家のお米はブランド米ではありませんが、甘みや粘りがあり香りも良くて落ち着く味です。1番好きな食べ方は、おにぎり!パン好きでしたが、妊娠してから梅干しおにぎりが美味しくて美味しくて、今でも忙しい子育ての傍でぱくっと食べられるおにぎりは昼ごはんの定番です。お米が古くなってしまう夏は、食欲も落ちがちなので、少しでも美味しくお米が炊けるように日本酒や味醂にサラダ油を少しいれて炊くとふっくらして甘味があり艶もでて美味しく炊けます。
(はち/大阪府大阪市)

カレーを食べる時には、サラダ油を少量入れて米を炊くと、お米一粒一粒が離れてカレーがよく絡むとテレビで見て以来、やっています。ツヤも出て、ふっくらおいしそうに炊き上がります。
(ばうばうさん/秋田県秋田市)

国産で10キロ2000円前後の物を選ぶようにしています。酒、こんぶを入れて炊くと、ごはんだけでもおいしいと子どもが喜んで食べてくれるので、毎日その炊き方にしています。
(ぽめ/茨城県かすみがうら市)

主人も4歳の息子もかなり食べるのでお米の消費が多く、最近は直接農家さんから定期的に購入しています。注文してから精米してくれるので新鮮で美味しいです!できるだけ余らないようにこまめに炊きますが、余ったら熱いうちにラップに包んで冷凍すると解凍しても炊き立てのように美味しく食べられます。
(おうたび/神奈川県相模原市)

安くて美味しいお米を調べて購入しています。お米を洗いすぎると旨みまで取れてしまうと聞いたので、洗いすぎないようにしています。あと、時間がある時はお米を1時間くらい水に浸けてから炊いています。秋は旬の野菜をたくさん入れて炊き込みご飯を作ってあげたいです。
(ゆうちゃんのおかん/岡山県都窪郡)

いつも同じ銘柄のコメを食べている。おにぎりなどにして、冷めても美味しいコメを選んでいる。残ったコメは、必ず冷凍にして温め直して食べている。炊飯器で保温はしない。
(loveちゃん/愛知県瀬戸市)

洗米の時一番初めの水は素早く捨ててヌカの匂いを吸収しないように、研ぐ時はあまり力を入れずに、冷たい水で炊くために氷を入れて炊きます。
(にこともよし/兵庫県神戸市)

炊飯器を新しく購入して以来、かなりこだわって炊いています。特にお水の量や置いておく時間はそれぞれ違うので計算しています。子どもが一番に触れるごはんはお米だからと奮発して買って良かったと思います。我が家はみんなお米大好きです。
(ともとも/埼玉県新座市)

新潟出身なので、自然と美味しいお米しか食べていなかったこともあり、飲食店で美味しくないお米が出ると食べることができません。お米はとにかく鮮度が命なので、なるべく精米したてのお米を食べるようにしています。自宅に精米機を置いて使っています。
(そらてり/東京都渋谷区)

正直生まれたときから米どころに住んでいて、おいしいお米を自然と食べていたので、あまりこだわりも炊き方の工夫もなく、美味しく食べています。大学生の時、県外で独り暮らしをして始めて、おいしくないお米を食べ、以来地元に戻りたいと思うようになりました。ご飯は炊き立てより冷めた時の方が甘みが増すので、我が家では炊けるとおひつにうつして冷めてから食べることが多いです。
(きっき/新潟県新潟市)

北海道在住なので必ず北海道米を選びます。最近はななつぼし一択でお気に入りです。炊き方は詳しくないので普通の炊飯器ばかり。おにぎりのバリエーションにはこっています。(小松菜かつおチーズがお気に入り)
(どどおかあさん/北海道札幌市)

著者:NAKAMA

元記事で読む
の記事をもっとみる