1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ”当たり前”をやめたら暮らしにゆとりができた!整理収納アドバイザーが「やめたこと」5選

”当たり前”をやめたら暮らしにゆとりができた!整理収納アドバイザーが「やめたこと」5選

  • 2022.4.23
  • 16498 views

こんにちは!整理収納アドバイザーの大森智美です。毎日家事、育児、仕事と1日があっという間!という方も多いのではないでしょうか?当たり前にやっていることや持っているモノも「やめる選択」で、心や時間・空間にゆとりができる場合もあります。今回は筆者がやめて暮らしに余白ができた5選をお伝えします!

1.「予備」や「お客様専用」をやめた

おうちの中に、普段の生活では使用頻度が低いもの、例えばシーツや衣類などの「予備や替え」や「お客様専用」のものなどが場所をとっていたりしませんか?

筆者は、必要かもしれないと取っておくモノを持つことをやめました。

シーツなどは晴れた日に洗濯するので、朝干して夕方セットすれば替えは不要です。食器も普段からお気に入りを使っているのでお客様にも同じものをお出しします。

必要かも?持っておいた方が良いかも?を手放すと収納にも余白が出来ますし、ほとんど使っていないモノを管理する手間も省けます。

2.「衣替え」をやめた

以前は年に2回していた衣替え。その衣替えをすることをやめました。

いつか着るかも?ないと困るかも?でたくさんの服がクローゼットを占領していませんか?

着ていない服には必ず着ていない理由があります。今は着ていない服も一度全部試着してみて納得して手放したことにより、オールシーズンの服が見渡せる量になりました。

衣替えをしない収納になると、気候に合わせて着たい洋服をサッと手に取ることができますし、何より衣替えする時間や手間、保管しておく空間も不要になります。空間にも時間にもゆとりができます。

3.「アイロンがけする」のをやめた

何となく億劫な家事ってありませんか?筆者はアイロンがけ。何となく後回しにしてしまいがちな家事です。

少しずつ、衣類を購入する時はアイロンがけが不要な素材をチョイスしたり、シャツは形状記憶素材を選ぶことによりアイロンがけをする回数が減って今ではアイロンをかけるという家事を手放しました。

億劫で気分がのらない家事は手放せる方法がないか考えてみるのも一つの手です。

時間や手間だけでなく、〇〇しないと…という精神的なストレスからも解放されますよ!

4.「ふきん」をやめた

アイロンがけと同じ理由で、あまり好きでなかった、台ふきんだったり洗ったお皿を拭く「ふきん」の管理。

ふきんを使った方が、エコでコストもいいかもしれないのですが、マメに消毒して衛生的に保つ手間が私には億劫でした。そこで思い切って洗えるペーパータオルを使うことで、億劫な家事だったふきんの管理を手放しました。

洗った食器を拭いたら、テーブルを拭き、1度洗ったら最後はコンロなどを拭き掃除してから捨てます。

衛生的に食器を拭けますし、ついでに掃除もできて使い切ったと感じてから捨てるのでストレスも少ないです。

手放してよかったと感じる家事の一つです。

5.「自分一人で頑張る」のをやめた

毎日、家事に育児に仕事に忙しいですよね。「自分がやらなきゃ」と思い込んで一人で頑張っていることありませんか?

例えば、トイレットペーパーやティッシュペーパー、シャンプーやボディソープなどの詰め替え。ストックは普段から子供でも手の届く場所に仕組みを作り、最後に使った人が交換担当です。ペーパー類は4歳の末娘でも交換してくれます。

お風呂掃除も、子供たちと曜日担当制に。小さなことかもしれませんが「自分一人で頑張る」のをやめて、家族が手伝いやすい仕組みを作ることで、協力してもらいやすい環境になり時間にも心にも余白ができました。

いかがでしたか?

今回は筆者が暮らしに余白を作るために手放した家事・モノ5選をお伝えしました。

今まで当たり前にやっていたことも一度手放せる方法がないか考えてみることで暮らしがもっと快適になるヒントを得られるかもしれませんよ!

元記事で読む
の記事をもっとみる