1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【男性のホンネ】記念日デートをどう思ってる?

【男性のホンネ】記念日デートをどう思ってる?

  • 2022.4.22
  • 471 views

記念日を大切にする女性は多いですが、男性はどうなのでしょうか?人によって考え方は様々ですが、もしかすると彼は負担に感じているかもしれません。そこで「記念日のお祝い」に対しての、男性の本音を解説していきます。

1. 彼女との関係にメリハリができる

交際期間が長ければ長いほど、関係もマンネリ化してしまいます。そしてマンネリは、別れの原因にもなり得ます。しかし付き合った日や初デートした日などを記念日にお祝いをするようにすれば、当時のフレッシュな気持ちを思い出す事ができます。

二人が付き合った日のことを思い出して、彼女への気持ちを再認識できるかもしれません。また非日常的なイベントは、普段のデートとは雰囲気も違い、思い出の一つにもなります。

彼女を大切にしている男性は、「一緒に楽しい思い出を作りたい」という思いも強く、記念日はきちんとお祝いしたいと思っている人も多いです。

2. お金が勿体ない

記念日のお祝いとなると、何かとお金がかかります。普段のデートでは行かないようなレストランで食事をしたり、アクセサリーなど何かプレゼントを用意したり。付き合い始めた当初なら、彼も彼女を喜ばせようと、あれやこれやと努力してくれます。少々高くついても、勿体ないとも思わないかもしれません。

しかし「釣った魚に餌をやらない」という言葉があるように、彼女は自分から離れないという安心感を持つようになると、必要以上にお金を使いたくないと考えるようになることもあります。

彼女から言われるとお祝いをしますが、本音ではお金が勿体ないと感じている男性も存在します。

3. 面倒臭い

付き合い始めた日であろうと、初デートした日であろうと、わざわざ記念日と称してお祝いをする意味がわからないと思っているドライな男性もいます。

まだ付き合いが浅い時期なら、彼女を喜ばせようと張り切るかもしれませんが、2年、3年と続いていくと、「いつまでこのイベントが続くのか」と少々うんざりしてしまうことも。

彼女の機嫌を損ねないよう、お祝いを楽しんでいるフリはしているものの...内心は面倒臭いと感じているかもしれませんね。

独りよがりにならず、相手の気持ちも考えよう

彼との記念日は特別で、大切にしたいと思うかもしれませんが、相手も同じ気持ちでいるとは限りません。もしかすると彼に無理をさせている可能性もあります。心からお祝いを楽しんでくれる男性なら良いですが、何か引っかかる一面があるなら、一度彼に本音を聞いてみると良いかもしれませんね。

元記事で読む
の記事をもっとみる