ダメージヘアの改善方法

undefined

暑い夏、紫外線を受けたのは顔や身体だけではありません。
ヘアも紫外線をたくさん浴びているので、ダメージを受けています。そのまま放置しておくと、ダメージは悪化する一方…。
ひどくならないうちに、早めのケアをしてあげましょう!

●ブラッシングは丁寧に!

undefined

ブラシは目の粗いものがオススメ。
シャンプー前に、根元からしっかり櫛を入れて頭皮の血行を促進しましょう。クッション性のあるブラシを使えば、頭皮を傷つけなくて済み、同時にマッサージ効果も期待できます。

undefined

出典:@cosme

AVEDAのパドル ブラシは、ブローやスタイリングをする時に、髪や頭皮の負担を緩和するように空気穴がほどこしてあるデザインになっていますよ。

undefined

出典:@cosme

また、普通の櫛を椿オイルに浸けて作るオイル櫛もオススメ。自宅で簡単に作れますが、静電気が起こりにくく、サラサラヘアを実感することができるはず。

●シャンプーをする前にプレシャンプーをする
シャンプーを付ける前に、まずは1分以上何も付けずに地肌をすすいであげましょう。
髪ではなく、頭皮を、という事を意識してくださいね!
このプレシャンプーをしておけば、この時点で髪の汚れを軽く取ってあげることができまるのです。

●シャンプーの洗い残しがないように

undefined

シャンプーは爪を立てずに、指の腹を使って頭皮マッサージするように洗ってあげてください。
そしてしっかり洗い流すこと!
シャンプーの洗い残しは、頭皮の臭いやフケ、かゆみの原因にもなってしまいます。

●トリートメントは毛先を中心に
紫外線をたくさん浴びると、キューティクルはボロボロに…。
そのため、トリートメントで栄養補給してあげることが大切です。
しかし、頭皮につけてしまうと、毛穴を塞いでしまいます。シャンプーとは違い、付けるのは頭皮ではなく毛先を中心につけてくださいね。
すすぐときは、こすらないように優しく洗い流しましょう。

●髪は濡れたまま放置しない

undefined

髪を洗ってお風呂から出た後、ゆっくりしたい気持ちもありますが…濡れた髪を放置するのはNG!
髪の毛がむれて細菌が繁殖してしまいますし、濡れたまま寝てしまうと、枕と擦れて傷みやすくもなってしまいます。すぐに乾かす癖をつけるようにしましょう。

また、ドライヤーをする前にヘアオイルを付けておけば、パサつきをおさえてツヤを与えてくれます。
付けすぎはベタつきの原因にもなるので気をつけてくださいね。

undefined

出典:@cosme

undefined

出典:@cosme

そして温風を当てた後は冷風を当ててあげてください。キューティクルが閉じて潤いのある髪が生まれます。

 

元記事を読む
提供元: GODMake.の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。