1. トップ
  2. ファッション
  3. 東京レインボープライド・ウィーク中に開催されるキャンペーンを紹介

東京レインボープライド・ウィーク中に開催されるキャンペーンを紹介

  • 2022.4.21
  • 465 views

日本、そしてアジアを代表する“性”と“生”の多様性を祝福する祭典、東京レインボープライドが2022年4月22日~23日に開催されることが決定。それに伴い多くの人が参加できるイベントを紹介。(フロントロウ編集部)

4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

特定非営利活動法人 東京レインボープライドは、日本、そしてアジアを代表する“性”と“生”の多様性を祝福する祭典。東京レインボープライドでは、TRP2022(東京レインボープライド)の初日である4月22日~5月8日までを「プライドウィーク」とし、4月24日に代々木公園周辺でのプライドパレードが、そしてプライドフェスティバルが4月22日~24日に行なわれる。

画像1: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

2020年と2021年は新型コロナウイルスの感染拡大により、オンラインでの開催となったが、2022年は約3年ぶりにオフラインで開催される。そんな東京レインボープライドの開催に伴い、行なわれるキャンペーンを紹介。

GAP

画像2: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

毎年東京レインボープライドに合わせて限定アイテムを発表しているファッションブランドのGAPは、4月22日~24日の期間中、全国のGap、Banana Republicストアにてレインボーリボンを配布。また、2022年GAP新宿フラッグス店や、東京レインボープライドのイベント会場の「TRP公式ショップ」ブースにてチャリティPrideTシャツを発売。店頭での売上金は公益社団法人Marriage For All Japan(MFAJ)へ寄付されるという。

スープストックトーキョー

画像3: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

人気スープ店のスープストックトーキョーは、多様性について考え、「食」を通じて応援する機会を創るために、Ally Days(アライデイズ)を開催。4月22日~24日の3日間、Soup Stock Tokyo全店、家で食べるスープストックトーキョー全店、公式オンラインショップの売上の一部をLGBTQの子どもや若者の課題に取り組む団体認定NPO法人ReBitへ寄付されることが発表された。

Cake with(ケーキ ウィズ)

画像4: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

オリジナルケーキデザイン&通販サイト「Cake with(ケーキ ウィズ)」は、新作Cake with #Prideの予約を開始。多様性を表すレインボーカラーをベースに7色の星がきらめくハッピーな気持ちになれるケーキは、上面にはオリジナルメッセージを記入いただくことが可能。本商品の売上の一部は子育てをするLGBT家族の会「にじいろかぞく」の活動に役立てられる。

渋谷PARCO

画像5: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

渋谷PARCOでは、「ダイバーシティ」をテーマにした初の全館企画『PARCO PRIDE WEEK』を開催。エントランスのPARCOロゴや館内装飾がレインボーカラーに染まる他、飲食店舗ではレインボーカラーの限定メニューが登場するほか、4月22日にはMIXバー「Campy!bar」のプロデューサー、ブルボンヌによるトーク番組が配信され、4月15日~4月28日の期間中は館内では「ダイバーシティ」にちなんだ様々なイベントが行なわれる。

ファミリーマート

画像6: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

2020年からファミリーマートが取り組んでいる5つのキーワードの1つである「『あなた』のうれしい」の一環として、性の多様性やLGBTQ支援を意味するレインボーカラーデザインの「ラインソックス レインボー」(429円)を、全国のファミリーマート約16,600店で発売。「ラインソックス レインボー」の売上の一部は、LGBTQ支援団体へ寄付される。

画像7: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

また、昨年話題になった「ファミチキ」をイメージしたホットスナック袋をレインボーカラーに変更し、数量限定で展開する取り組みも4月22日よりスタートする。

ラッシュジャパン

画像8: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

ナチュラルコスメブランドLUSHは、4月22日~24日の3日間、東京都内の路面店4店舗(LUSH 新宿店、LUSH 渋谷駅前店、LUSH 原宿店、LUSH 池袋駅前店)で、同性婚法制化に向けたチャリティイベント「チャリティポットイベント」を開催。

画像9: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

各店舗で様々なイベントが開催され、本イベント開催期間中の路面店4店舗における対象チャリティ商品の全売上げを、Marriage For All Japanに助成し、結婚の平等に関する啓発活動に活用される。

ロエベ

画像10: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

スペイン発の人気ブランドであるロエベは、ラグジュアリーブランドでは初となる東京レインボープライドへの協賛が決定。東京レインボープライド2022に合わせて、渋谷や表参道にレインボーバスが登場し、バスのMCとしてインフルエンサーのkemioとブルボンヌを筆頭とするCampy!barのドラァグクイーンたちが登場するスペシャルライドも予定している。

ハードロックカフェ

画像11: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」に併設するロックショップでは、「ハードロックカフェ」がモットーの1つである“All is One”に基づき、性別の枠にとらわれないデザインでLGBTQ+コミュニティの全ての人々に力を与える為に作られた新シリーズ「PrideCollection」を展開。キャップやソックスなどがレインボーカラーになった「PrideCollection」は、4月23日から発売される。

ドクターマーチン

画像12: 4月22日~5月8日は「プライドウィーク」

毎年世界中のLGBTQIA+慈善団体を支援するめに200,000ポンド(日本円で約3,000万円)以上を寄付し、日本では2021年から認定NPO団体のReBitとの取り組みをスタートさせたドクターマーチン。毎年“Pride”をテーマにした、履くことで自己表現ができるフットウェアを発売しており、2022年は6色のレインボーカラーに加え、白、ピンク、水色のトランスジェンダーカラーと、人種的マイノリティを表すカラーがあしらわれた3ホールシューズが登場。

(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる