1. トップ
  2. 恋愛
  3. 世界トレンド上位5つをほぼ独占!『ソー:ラブ&サンダー』ティザー予告への反応から見る、ファンが今作で注目していること

世界トレンド上位5つをほぼ独占!『ソー:ラブ&サンダー』ティザー予告への反応から見る、ファンが今作で注目していること

  • 2022.4.19
  • 1651 views

MCUの新作映画『ソー:ラブ&サンダー』が2022年7月8日(金)に日本公開されることが決定。 ティザー予告とヴィジュアルが解禁され、ついにマイティ・ソーに扮したナタリー・ポートマンの姿が露わになった。ツイッターでは、ワールドトレンドのトップ5中4つを映画の話題が独占するほどの話題に。ファンが最も盛り上がっていたのはどこ?(フロントロウ編集部)

『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日に日本公開

クリス・ヘムズワースが主演を務めるMCU映画『マイティ・ソー』シリーズの新作の邦題が『ソー:ラブ&サンダー』になることが決定し、2022年7月8日(金)に日本公開されることも決定した。

画像: 『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日に日本公開

『ソー:ラブ&サンダー』あらすじ

最凶最悪の敵サノスによって人類の半分が消し去られた世界で、失われた人々を取り戻すため、アイアンマンやキャプテン・アメリカと共に時空を超えた戦いに身を投じたソー。生死を巡る激闘を繰り広げた末、サノスを倒し人類を救うという“奇跡”を起こし、マーベル史上最大の大戦を勝ち抜いたのだった。ソーが王として君臨していたニュー・アスガルドの新たな王は女戦士のヴァルキリーに代わり、ソーは宇宙の荒くれ者ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間達と船に乗り込み地球を旅立っていった。

最新作の舞台はその『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界。アスガルドの王として、そして宇宙を救うヒーローとして、家族や恋人、人類を守るために戦い走り続けてきたソーだが、多くの大切な人を失い、いつしか戦いを恐れるようになっていた。そんな彼が”自分は何者なのか“と我に立ち返り、「ヒーローは卒業だ」と、ゼロから新たな道を歩むことを決める。

特報映像のジェーン・フォスターの姿にツイッターは大盛り上がり

今回、本作からの特報となるティザー映像が公開に。ハード・ロックスタイルの派手な衣装に身を包み“自分探し”に迷走していたソーが、ガンズ・アンド・ローゼズの代表曲「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」に乗せて宇宙を駆け巡る映像が解禁された。

公開された特報では、ナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターが、ついに“女性版ソー”になった姿も見ることができ、映像はナタリーがソーのハンマーであるムジョルニアを持つところで締め括られる。ナタリーは女性版ソーを演じるにあたり、過去イチの肉体改造に取り組んだことを明かしており、彼女の変貌ぶりにも注目したい。

ツイッターでは特報映像の公開に合わせて、映画関連の話題が即座にワールドトレンド入り。米公開から約3時間後には、世界トレンドの1位に「ThorLoveAndThunder」、3位に「Natalie Portman」、4位に「Jane Foster」、5位に「Marvel」がランクインし、その時の世界のツイッターの話題トップ5をほぼ本作が独占。4つ中2つがナタリー演じるジェーンのことだったことからも、新作では、彼女に対する期待値がとくに高いことがうかがえる。

タイカ・ワイティティがメガホンを取る『ソー:ラブ&サンダー』には他にも、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーたちが集結するほか、テッサ・トンプソン演じる、アスカルドの新たな王になったヴァルキリーも再登場する。

『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日(金)に日本公開される。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる