1. トップ
  2. ファッション
  3. 古く見えてない…? 最旬「デニムパンツ」着こなし術をチェック

古く見えてない…? 最旬「デニムパンツ」着こなし術をチェック

  • 2022.4.10
  • 30322 views

古く見えてない…? 最旬「デニムパンツ」着こなし術をチェック

万能で相棒的存在の「デニムパンツ」を、大人らしく、そして今っぽく仕上げるにはどんな着こなしがおすすめ? 定番だからこそ、アイテムそのものや着こなしを見直して旬を呼び込んで。

こんな着こなしで今っぽく!

▼LOOK.1
WEAR(@carmen1505)

大人らしくきれいめにまとめるなら、トレンドのコンシャスブラウス合わせで凛として。黒トップスで重心を上に置きつつ、アイスブルーデニムパンツで軽やかさを助長。メタルアンクルストラップのフラットシューズ合わせで、モダンにフィニッシュ。

▼おすすめのアイテムはこちら

ハイウエストワイドデニムパンツ (ウォッシュ)

ZOZO

ブリーチ、ハンドダメージ加工をすることで着込んだような仕上がりに。サイズ調節可能なバックストラップ付き。

プリーツフリルブラウス

ZOZO

胸元にプリーツ、ショルダー部分にフリルを配した特別感の宿る黒ブラウス。

チャンキーチェーン アンクルストラップバレリーナフラット

ZOZO

チャンキーチェーンストラップをあしらうことで、バレーシューズをモダンに昇華。

▼LOOK.2
WEAR(@keiru2000)

今年らしいカラー×カラーも、デニムパンツ合わせなら気兼ねなくチャレンジできる。パンツのフロントスリットが、こなれ感を後押し。小物と肩に引っ掛けたトップスは黒をセレクトし、全体をバランスよく引き締め。

▼おすすめのアイテムはこちら

【web限定アイテム】フロントスリットセミフレアデニム

ZOZO

フロントスリットと自然に広がるセミフレアでスタイルアップできるデニムパンツ。

ストライプシャツ

ZOZO

綿100%素材で着心地の良いオーバーサイズシャツ。ピンクのストライプで高揚感を。

コカ スリッポン ビットローファー

ZOZO

クラシカルなビットローファーを、さっと脱ぎ履きできる軽やかで心地よい仕様にアップデート。

▼LOOK.3
WEAR(@mitsueri)

細ピッチが大人らしいグリーンのボーダートップスに、ブルーデニムパンツを合わせ爽やか配色に。そこに真っ白なスプリングコートを投入すれば、キレよく整いスタイリッシュに。旬のグルカサンダルを添え、今っぽくまとめ上げて。

▼おすすめのアイテムはこちら

デニム/ヘビーツイル カットオフストレートパンツ

ZOZO

ストレートシルエットとハイウエストでキレイに穿けるデニムパンツは、カットオフで抜け感を。

<CITEN(シテン)>ビッグ バルカラーコート

ZOZO

大きな襟がかわいいバルカラーコートは、ドロップしたショルダーや長めの着丈バランスで、袖を通すだけでこなれた見た目に。

ミニボーダーリンガーロンT

ZOZO

細ピッチのボーダーとリンガーのディテールで、無難にならないボーダーカットソー。

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagramにて【#mineby3mootd】【#mineプチプラ部】【#mine置き画くら部】で投稿or画像に【mineby3m】がタグ付けされたコーデ、WEARに投稿されたコーデから、ピックアップして紹介します。

出典 MINE
元記事で読む
の記事をもっとみる