1. トップ
  2. おでかけ
  3. 三鷹の森ジブリ美術館にあの名作が!「未来少年コナン」展が今春スタートです

三鷹の森ジブリ美術館にあの名作が!「未来少年コナン」展が今春スタートです

  • 2022.4.9
  • 2241 views

東京・三鷹市にある、大人気スポット「三鷹の森ジブリ美術館」。ジブリ作品の世界が広がるアニメ好き・映画好きにはたまらない施設ですが、2022年5月28日(土)からは、絶対に見逃したくない企画展示「未来少年コナン」展がスタートされる予定です! 宮崎駿監督の初監督作品である連続テレビアニメーションシリーズ『未来少年コナン』の魅力を存分出に満喫できるはず。会期は2023年5月まで(予定)なので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

三鷹の森ジブリ美術館で新企画展示がスタート

(C)Museo d’Arte Ghibli

「迷子になろうよ、いっしょに。」をキャッチコピーに、ジブリの世界観をギュッと凝縮したような展示が楽しい「三鷹の森ジブリ美術館」。吉祥寺通り沿いからも受付に座るトトロの姿が見えたり、井の頭公園の森に自然を感じたりと、何度も訪れたくなる素敵で不思議な空間が広がっていますよね。普通の美術館とはちょっと違う展示に感動を覚える人も多いのではないでしょうか?

(C)Museo d’Arte Ghibli

新企画展「未来少年コナン」展は2022年5月28日(土)から

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD. (C)Studio Ghibli (C)Museo d'Arte Ghibli

そんな三鷹の森ジブリ美術館では、さまざまな企画展示も人気となっていますよね。2022年5月28日(土)からは、宮崎駿監督が初監督を務めた連続テレビアニメーションシリーズしても知られている「未来少年コナン」展が実施されます。

想像力の産物がもたらした荒唐無稽な世界の中で、見ている自分が物語の主人公になりきり思う存分に動き回った気分になる「冒険映画」こそが、宮崎速雄監督の原点であり根本をなすものだとされています。

その様相がもっとも強く表れているのが『未来少年コナン』(1978年)。同企画展では、全26話に描かれた冒険漫画の魅力を存分に満喫することができるのです。

2つの展示室で漫画映画の魅力を!

会期中は2つの展示室で、未来少年コナンのストーリーや登場する機械類、創作過程で描かれた設定資料やイメージボードなど展示されています。1本の映画のように作られた「底抜けに面白くて楽しいアニメーション作品」の魅力に浸ってみてくださいね。事前予約制なので、あらかじめチケットを手に入れてからのお出かけをお忘れなく!

企画展示「未来少年コナン」展

場所:三鷹の森ジブリ美術館(東京都三鷹市下連雀1丁目1-83)

会期:2022年5月28日(土)~2023年5月(予定)

主催:公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団

協賛:日清製粉グループ、ローソンエンタテインメント、日本テレビ

協力:日本アニメーション

特別協力:スタジオジブリ

元記事で読む
の記事をもっとみる