1. トップ
  2. BTSがグラミー賞授賞式で華やかなパフォーマンス!「“驚異”だからスーパースターになった」

BTSがグラミー賞授賞式で華やかなパフォーマンス!「“驚異”だからスーパースターになった」

  • 2022.4.4
  • 182 views

BTS(防弾少年団)がグラミー賞授賞式で華やかなステージを繰り広げ、スタンディングオベーションを受けた。多彩なパフォーマンスでグラミーのステージを掌握し、熱い歓声を引き出した。

第64回グラミー賞授賞式が4月4日9時(日本時間)から米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われているなか、BTSが熱い歓声と拍手のなかで『Butter』のステージを消化した。

ステージが終わると、世界的なポップスターたちがBTSに惜しみない拍手と声援を送った。BTSのグラミー賞授賞式での単独ステージは、今回が2回目だ。

韓国の生中継で絶賛

この日、グラミー賞授賞式の生中継の進行を引き受けたポップ専門MCテ・インヨンは、「東南アジアだけでなく、ヨーロッパ、アメリカの田舎の街に行っても、人々がBTSの音楽やBTSを含めたK-POP、韓国ドラマを楽しんでいる姿を見ながら胸がいっぱいになる。韓国人といえば、とても温かく接してくれる」と伝えた。

また大衆音楽評論家のイム・ジンモは、「音楽、または芸術性が認められたのだ。グラミー賞を受賞すれば、アメリカ征服の完成と見ることができる。市場ではBTSが新しい支配者となった。BTSがグラミー賞を受賞すれば、完璧な認定の獲得と見ることができる」と、BTSの受賞を期待した。

(写真提供=AP/アフロ)グラミー賞授賞式でステージを繰り広げたBTS

BTSは授賞式に先立ち、レッドカーペットでのインタビューで「過去2年間、とても疲れて苦痛だったが、僕たちがグラミー賞を受賞すれば、それらがすべて報われて成果になる」と伝え、注目を集めた。そして今回のステージについて、「素敵で新しいステージを準備した」と予告し、期待を求めた。

BTSは『Butter』の舞台で視線を集中させた。派手な構成はもちろん、BTSのトレードマークであるキレの良いダンスが目立った公演だった。余裕あふれる舞台マナーとしっかりとした実力で、圧倒的なステージを完成させたのだ。授賞式に参加したポップスターたちも席を立って舞台を楽しみ、舞台が終わった後はスタンディングオベーションを送ったりもした。

BTSのステージが終わると、歌手ペ・チョルスは「見るたびに感動的だ。ハマらないわけがない」と感嘆の声を上げ、イム・ジンモは「“驚異”だからBTSがスーパースターになったのではないかと思う」と感想を語った。

ペ・チョルスは「音楽も素敵でパフォーマンスまで素晴らしいため、好きにならざるを得ない。ステージだけを見ると、賞を与えなければならないのではないか」とBTSへの賞賛を惜しまなかった。これにイム・ジンモは、「今年はグラミー賞がまともであってほしい」と笑った。またテ・インヨンも「オリヴィア・ロドリゴの隣に座っているが、誰がより美しいだろうか思うほど、ありがたい舞台だった」と感嘆した。

なおBTSは今回のグラミー賞では、『Butter』で「ベストポップデュオ/グループパフォーマンス」部門にノミネートされている。

(記事提供=OSEN)

元記事で読む
の記事をもっとみる