1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【本城直季写真展】被写体である「まち」や「ひと」に対する温かく愛おし気な眼差しを感じて

【本城直季写真展】被写体である「まち」や「ひと」に対する温かく愛おし気な眼差しを感じて

  • 2022.3.28
  • 476 views

大判カメラのアオリを利用して、都市の姿をジオラマのように撮影する独特の表現で知られる写真家・本城直季。作家初の大規模個展となる本展では、2006年に木村伊兵衛写真賞を受賞した「small planet」シリーズをはじめ、数々のユニークな作品を一挙公開。さらにはオリンピックイヤーの東京を被写体とした本展のための撮り下ろし作品など、未公開作を含む約200点を展示する。写真家・本城直季の目を通して見る私たちの ”まち” の不思議をご紹介。『本城直季(un)real utopia』
期日:~5/15(日)
会場:東京都写真美術館 地下1階 展示室
※会期・営業時間が変更となる可能性がございますので、最新情報は公式HPをご確認ください。
クレジット:《Tokyo, Japan》2005(small planetシリーズより)© Naoki Honj

元記事で読む
の記事をもっとみる