1. トップ
  2. スキンケア
  3. 春は肌が荒れやすい季節!おすすめ保湿成分と漢方薬

春は肌が荒れやすい季節!おすすめ保湿成分と漢方薬

  • 2022.3.23
  • 4537 views

こんばんは、薬剤師の大野雅代です。春は風がとても強い季節。花粉やチリが飛びやすく、また気温の変化で皮脂分泌量も変わり肌荒れしやすいシーズンです。今回はおすすめのスキンケア成分と養生法についてご紹介します。

春は肌が荒れやすい季節!スキンケアとおすすめ漢方薬

そもそも乾燥した肌はバリア機能が弱く、少しの刺激でも荒れがち……。保湿は最大の防御です。普段のスキンケアを見直してみましょう。

おすすめ保湿成分

保湿成分にもいろいろありますが、得意なことがそれぞれ違います。ご自身の肌に合わせて選んでみてください。

・ヒアルロン酸

水分をしっかり抱え込んでくれる成分です。潤いを与えるのも、キープしておくのも得意。配合されている商品が多く、手に取りやすいです。

・セラミド

水分を挟み込み、しっかりと水分を保持してくれる成分。セラミドはもともと肌の角層にあり、肌のバリア機能としても働く成分です。敏感肌の方向けのスキンケア用品によく使われています。

・スクワラン、ワセリン

肌に入れた水分を蒸発させないようにする潤いキープ成分。潤いを与えるスキンケアの後に、蓋をする役割として使ってください。ニキビが気になる方は、油分の少ないものや、ノンコメドジェニック化粧品を選んでください。

ぷるぷる肌を目指す養生法

漢方では白い食べ物はカラダを潤わせてくれると考えられています。豆腐、大根、長芋、蓮根などを食べてカラダにたっぷりと潤いを与えましょう。ヨーグルトも白い食材です。手軽に取り入れやすいですよね。

乾燥肌の方におすすめの漢方薬

漢方薬は「血」を補ってくれるものがおすすめです。血が補われると乾燥しにくくなり、血の巡りがよくなると、食事からとれる栄養をしっかり肌まで届けてくれます。

・温清飲(うんせいいん)

乾燥しやすく、ほてったりしやすい方におすすめの漢方薬です。乾燥して炎症を起こしているような肌の改善にも使われます。口の中が乾いてしまうなど、熱のある症状をクールダウンしてくれます。

・四物湯(しもつとう)

冷えが強いタイプの方の乾燥肌を改善してくれる漢方薬です。生理不順など生理のお悩みがある方にもおすすめ。「当帰(とうき)・芍薬(しゃくやく)・地黄(じおう)」といったしっかりと血を補ってくれる生薬が配合されています。

肌の外からも中からも保湿ケアをして、うるうる肌を目指しましょう。

薬剤師と相談しながら漢方を購入できるYOJOはこちらからチェックを!

教えてくれたのは

出典: 美人百花.com

大野 雅代(おおの まさよ)さん

薬剤師・研修認定薬剤師。化粧品検定1級。大学卒業後、大手調剤薬局、ドラッグストア、町の調剤薬局に勤務。更年期症状に悩む患者、自分のホルモンバランスの乱れからくるイライラや体調不良をなんとかしたいと女性の健康について学び始める。学生から更年期まで、女性が仕事や好きなことに打ち込める手助けをするのが目標。

画像/PIXTA(ピクスタ)

元記事で読む
の記事をもっとみる