1. トップ
  2. ファッション
  3. 白トップスとデニムの上下関係をキレイに変える:スタイリストが吟味した「シンプルな小物」6選

白トップスとデニムの上下関係をキレイに変える:スタイリストが吟味した「シンプルな小物」6選

  • 2022.3.17
  • 572 views

カジュアル・リラックスのテイストが全盛の今、小物は知性をそなえたキレイめなテイストが旬。第一印象で惹かれた次に実用性を考えたとき、洗濯基準にするといいのは「デニム」。毎シーズンその手法で、来年も使えるというよう前提で小物を選ぶというGISELeスタイリスト・渡邉恵子さんが実践している小物選びの詳細をご紹介。


☑ブラウン系小物で品行方正をモットーに
「デニムの日は、ブラウン系の小物を基調にして考えることが多いです。こだわっているのはその素材感。リネンやスエード、くたっとしたレザーなど、やわらかな風合いを選ぶことで、デニムがよりヴィンテージライクなものに見え、コーディネートに箔がつきます」(渡邉さん)

【渡邉さんのスタンダード】


レトロな気分の半そでニットと、レトロな色みのブルーがお気に入り。アイボリーニットトップス 45,100円/ebure(ebure GINZA SIX店) デニムパンツ 27,500円/FLORENT

 MY FAVORITE 


ブラウンの中でも「なつかしい風合い」

王道な形&味わいのあるブラウンレザーを合わせるのが昔から好き。Maison Margielaのブーツは、ブラウンならではのあたたかみに惹かれて即決。くたっとした風合いが特徴のヴィンテージソフトレザーを選んだことで、手持ちのデニムの魅力がより引き立つように。

≫【6選】スタイリスト渡邉さんが選んだ小物をすべて見る

元記事で読む
の記事をもっとみる