1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 趣味を大事にする部屋作り。ワンルームからできるアイディア実例まとめ

趣味を大事にする部屋作り。ワンルームからできるアイディア実例まとめ

  • 2022.3.9
  • 2499 views

押入れを活用する

押入れを趣味のキャンプ用品を並べる趣味スペースに使っているお部屋。押入れの壁部分にはディアウォールを使って柱を立て、そこに板を打ちつけて棚を自作されています。お気に入りのものを常に見ていられるスペースができて、大満足。

奥行きがあるので、寝袋やストーブなどの大きな荷物も収納できる押入れを重宝しているのだそう。

こちらも、押入れの中を好きなものに囲まれたスペースに。ぴったり収まる本棚は、DIYされたものだそう。集めているショップカードや雑誌などを、整頓してまとめて置く場所にしています。ゆっくり読書をしたり、書き物をするときなどに集中できそうです。

あえてソファは置かない

広々としたリビングにあえて大型のソファを置かず、無印良品のクッションソファを並べて、リラックスしながら読書を楽しむスペースにされているお二人。いつでも移動できる余白があるのがポイントです。

こちらも読書が趣味の方のお部屋。窓際に置かれたパーソナルチェアは、本を読みながら寛ぐためにIKEAで購入された屋外用チェアのブロモー。お気に入りの椅子が一脚あれば、仕事スペースやベッドスペースと分けて、リラックスするスペースを設けることができるんですね。

ロフトが秘密基地

16㎡のロフト付きワンルームで暮らしている方のお部屋。もともとロフトは寝室にしていましたが、本を置いたり、集めたポストカードが詰まったボックスを置くなど、趣味のための空間に変えました。プロジェクターを使って、壁に映画を投影して楽しむ時間もできました。

一部屋を、趣味部屋に

ワンルーム以上の広めの部屋を探して、あえて一人で暮らすのもいいですね。こちらは2LDKのうちひと部屋を、趣味部屋として使っています。バックカントリースキー、ロードバイク、それにDIYのためのグッズが置かれています。広い部屋に一人で住めば、こんな秘密基地も夢じゃありません。

60㎡のメゾネットタイプのお部屋。リビングを、本やグリーンなど、お気に入りのものでいっぱいにしています。コンクリート打ちっぱなしの雰囲気に合う、リンゴ箱を本棚にされているそう。

2LDK・二人暮らしのお部屋は、一部屋を趣味の音楽部屋に。レンガと板を並べて作っただけの棚には、CDやレコード、DJブースが並んでいます。

こちらのお部屋も2LDKのうち一部屋を、もうひとつの部屋を思い切って衣装部屋に。壁に並べたハンガーラックとIKEAのオープンラックKALLAXを使って、二人分の衣類を管理しています。

キャンプが好きなお二人が暮らす2LDKのお部屋。うち一部屋は、衣類とともにキャンプ道具がたくさん収納されています。自転車も置いておけるくらい、余裕があっていいですね!

元記事で読む
の記事をもっとみる