1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 諦めが肝心!? ワーママが「家事・育児」の効率をUPさせるアイデア

諦めが肝心!? ワーママが「家事・育児」の効率をUPさせるアイデア

  • 2015.8.29
  • 18161 views

【ママからのご相談】

10歳と5歳の子育てをしながらフルタイムで働く主婦です。毎日時間に追われてドタバタです。帰宅してから、しなければならないことの半分もできません。疲れて常にイライラ、子供に強く当たってしまいます。 もっとうまく時間を使って、仕事と家事・育児を両立したいのですが……。

●A. 家事は短時間で終わらせる。心を落ち着かせる方法を知っておく。

ご相談をどうもありがとうございます。ママライターの山上れいこです。

相談者様、本当に毎日お疲れ様です。時間に追われ、頑張りすぎると精神的にも肉体的にもパンクしてしまいますよね。

そこで、ワーキングママたちが実際に行なっている“家事時短テク”、“精神安定方法”をご紹介いたします。

●ワーママの家事時短テク

●(1)休みの日に、料理の下ごしらえをしておく

●ー野菜を切って冷凍しておく

野菜を炒め物用・煮物用など1週間分切り、1日分ずつ小分けにして冷凍しておきます。

【冷凍方法】

ア……野菜を洗う

イ……水気を拭き取る

ウ……なるべく平らに詰め、空気を抜きストックバッグに入れる

エ……金属トレーに乗せ冷凍庫へ

この方法なら、茹でるなどの下処理なしで、ほとんどの野菜を簡単に冷凍保存できます。しかも、凍ったまま使用できるため料理の時間が大幅に短縮できるのです。

●ー肉、魚に下味をつけて冷凍しておく

焼くだけでメインが完成するのでとっても便利です。

●(2)汚れは溜め込まない。掃除はこまめに、気付いたときに

『100均のウェットシートを常備。ガス台、洗面台、床など汚れたらすぐ拭いています。子供もシート使いたさに拭いてくれる。トイレには流せるタイプを置いています』

『お風呂掃除は入浴のついでに済ませます。

i……バスタブ

ii……カウンター

iii……入り口扉

iv……風呂ふた・イス・桶

v……鏡・蛇口

vi……壁

vii……床

の7か所にわけて、1日1か所掃除します。これならそれほどの負担になりません』

●ワーママの精神安定法4選

家事を効率よくこなすには、良好な精神状態が必須ですよね。そこで次に、ワーキングママたちに人気の“精神安定方法”をご紹介いたします。

●(a)ママの自由時間を決めてしまう

『「今日は○時から休憩する」と決める。それまでに終わらなかったことは、ある程度の状態までやって明日に繰り越します』

『時間を決めてゴールを設定すれば、イライラせずに家事ができます』

●(b)子どもに手をかけすぎない

『小学生になったら、声かけだけして、宿題・翌日の準備を子どもに一任しています』

『目と心は離さずに、手は徐々に離すようにしています。手を出しすぎるとイライラして間違いなくケンカになってしまいますから』

『「働いているから手落ちがあってはいけない」と過剰に手をかけるのは違う気がします。それよりもお茶でも飲みながらおしゃべりしたほうが、私にも子どもにも良いと思います』

●(c)むやみに腹を立てない

『怒ることが一番疲れる。夫が手伝ってくれないのは“単に気が回らないから”で、悪気は決してない、と考えを切り替えたら腹も立たなくなりました』

『疲れているときに怒ると、エスカレートして止まらなくなります。子どもにイラッとしたら、目をつぶって深呼吸、一呼吸おいています』

●(d)たまには、すべての家事を潔く放棄

『“ワーキングママ”は長丁場。無理したら続かないです』

『疲れたときは、奮発しておいしいものを買って帰ります。たまにだから、子どもも喜びます』

----------

いかがでしたか。

個人的には、お子さんは、家事は完璧だけれど疲れてイライラしているお母さんより、家事を手抜きしつつ笑っているお母さんが好きなのではないかなと思います。

ぜひご参考いただければ幸いです。

【参考文献】

・『もっと野菜を!生のままベジ冷凍:時短!節約!おいしくなる新常識』島本美由紀・著

●ライター/山上れいこ(ママライター)

元記事を読む