1. トップ
  2. ダイエット
  3. 姿勢を正すだけ!美姿勢ダイエット

姿勢を正すだけ!美姿勢ダイエット

  • 2015.8.28
  • 7155 views

猫背になりながら、デスクワークや勉強をしている方は多いですね。

デスクワーク・通勤等での姿勢をただすだけで、痩せやすい身体をつくることができます。日々のちょっとした気遣いで痩せることができたらいいですよね。

■筋肉の種類

骨と骨をつなぐ筋肉である骨格筋には、二種類あるのをご存知でしょうか?

インナーマッスル(赤筋・遅筋)とアウターマッスル(白筋・速筋)です。

*インナーマッスル(赤筋・遅筋) 持続性の高い収縮に適し、疲労しにくい筋肉。ミトコンドリアに富み、有酸素運動時に多く使われます。マラソン選手は、赤筋の割合が多いです。

*アウターマッスル(白筋・速筋)瞬発的に収縮し、疲労しやすい筋肉。ミトコンドリアは少なく、長時間エネルギーを供給できません。短距離選手の場合は白筋の割合が多いです。

そして、ダイエットに大きく貢献してくれる筋肉がインナーマッスルと言われています。

■なぜ姿勢を良くすると良いのか?

背骨周りのインナーマッスルは別名「姿勢保持筋」と言われていて「姿勢」と深い関わりがあります。有るべき位置に関節を固定する役割があるのです。

常に姿勢を良くし、綺麗な姿勢を保持することで、インナーマッスルが鍛えられ、脂肪が燃焼し痩せていきます。

■脂肪燃焼の仕組み

有酸素運動で脂肪が燃焼される仕組みです。

細胞内のミトコンドリアで、「ATP」(エネルギーの源)が作られます。このミトコンドリアを多く含んでいるのが、赤筋・インナーマッスルです。ATPをつくる材料は、グリコーゲン(糖)・脂肪・アミノ酸(たんぱく質)です。つまり、インナーマッスルを使い続けることが、ダイエットの近道なのです。背中を意識し、綺麗な姿勢を維持する「美姿勢」を習慣づけるだけで、ダイエット出来るなんていいですね。

■インナーマッスルを効率的に鍛えられるスポーツは?

インナーマッスルを鍛える効率的な方法は、ヨガ・ルーシーダットン等のようなゆっくりした動作を細く長く行うこと。ジョギング・水泳も良いですね。

■美姿勢のさらなるメリット

美姿勢はダイエットに役立つだけでなく、様々なメリットがあります。

1 腰痛改善 背中側に傾いていた重心が、骨盤の中心に移動することで腰の負担が減り、腰痛が改善します。

2 肩凝り改善 背中を丸めると、肩に余計な負担がかかり、肩凝りの原因になります。 美姿勢で肩の力を抜くことで、肩凝りが改善します。

3 代謝があがり、お腹も凹む 姿勢を維持すると腹筋に力が入ります。常に背筋と腹筋を使い続けるので代謝が上がります。

4 品位が上がる 姿勢の美しい人は品良くみえます。

■最後に

忙しい皆さんは、ダイエットのためにスポーツクラブに通うのは難しいかもしれません。

でも姿勢をよくするだけなら誰でもできます。明日から目線をあげ、姿勢を正して仕事・勉強に励んでくださいね。

(林田玲子/ハウコレ)

元記事を読む