1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 冷房による冷えを撃退!

冷房による冷えを撃退!

  • 2015.8.27
  • 2352 views

今年の夏も猛烈な暑さが続きました。昔はこんなに暑かったかしら?

夜も扇風機とうちわでしのげたのが、今では熱中症予防ということもありエアコンの出番が多くなりました。秋の気配が近づいていますが、まだまだエアコンの中で過ごさなければならないシーンも多いはず。

そこで今回は冷房による冷えを和らげ、体がだるくならないようにする経絡セルフケア - エアコン冷えから体を守るとっておきマッサージ - のご紹介です。特に日中座って過ごす時間が長い方には必見です。首を温め、冷えをシャットアウト!寒くなるとすぐわかりますが、首筋にマフラーを巻くだけで暖かくなります。東洋医学的にも首まわりには風邪の入り道、風門・風池など「風」がつくツボがいくつかあります。エアコンの冷風が首から体に入ると体を冷やし夏風邪の原因にもなる恐れが。首を温めることで冷えをシャットアウトするのはもちろん、辛い肩こり首こりなどにも効果的です。

用意するもの:ペットボトルにお湯を入れたもの。(火傷をしないようご注意ください)

[やり方]
▼ペットボトルの真ん中を首に後ろに押し当てて、首の力を抜いて上を見上げるようにします。


▼首の真後ろが温まったら、今度はペットボトルを首の側面に当てて、同様に斜め上を見上げます。

※写真(2点)は『温ペットボトル経絡マッサージ』(KADOKOWA)より

*注意
頭の重みをペットボトルにゆだねるイメージで行います。決して無理に首を曲げないで下さい。

さらに効果を高めるには、夏本番!ボディーメイクに効く経絡![代謝アップ編]も合わせて行い、全身の代謝を良くすることをおすすめします。

★経絡豆知識★

風のつくツボを一気に温め、冷えや風邪をシャットアウト!

首筋のまわりには、風門、風池、風府など風という字のつくツボが集まっています。
東洋医学では外邪といって、外から受ける刺激で病になる病因が6つあり、六淫の邪といわれています。この中の特に、寒邪、風邪などの邪気は体の上部、つまり首筋などから入りやすいのです。風の名前がつくツボは邪気が体に入った時に反応し、体からそれらの邪気を追い出す時の治療穴になっています。

冷房の冷たい風はまさに風寒の邪です。一日中エアコンの効いたお部屋にいると首筋が冷やされてしまい、風のつくツボ達が悲鳴をあげてしまいます。ツボの正確な位置がわからなくても温ペットボトルを使って首筋全体を温めれば冷えが体に入る前にシャットアウトできるのです。

*ドライヤーで髪を乾かすついでに首筋を温める習慣をつけると更に良いですよ。(ただしくれぐれも火傷にはお気をつけください)是非、手軽に出来る経絡セルフケアをお試し下さいね。

元記事を読む