1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 賢く進化したロボット掃除機「ルンバ」カメラで障害物を識別

賢く進化したロボット掃除機「ルンバ」カメラで障害物を識別

  • 2022.2.9
  • 369 views
AI学習+カメラ搭載、どんどん賢くなる「ルンバ」

ロボット掃除機を手がけるアイロボットジャパン(東京都千代田区)は、ロボット掃除機「ルンバj7+」「ルンバj7」2モデルを、2022年2月10日に全国の同社認定販売店および公式オンラインストアにて発売する。

自動ゴミ収集機の異なる2モデルを用意

同社が培ってきたロボット技術やAI(人工知能)機能を集約し開発。「ルンバ」シリーズ史上最高の賢さを実現した。

アプリ「iRobot Genius」により、特定の部屋や家具の配置を記憶し、最も必要な場所を効率的に掃除するよう、使用するたびに学習する。また各家庭の清掃パターンやユーザーの生活環境も学習し、ユーザーに合った清掃スケジュールを提案する。

「PrecisionVisionナビゲーション」機能を実装。シリーズ初搭載となる前面カメラにより、目の前のコードやペットの排せつ物などの障害物を識別して回避し、散らかった床でも掃除可能だ。

また清掃中に障害物を発見すると、清掃終了後にアプリ上に画像を表示。これらの障害物を今後どのように対処すべきかをユーザーが任意でクラウド上にフィードバックでき、世界中のユーザーからのフィードバックを収集して本機自身が学習し進化を続けるという。

上位モデル「ルンバj7+」は、従来は縦長だった自動ゴミ収集機「クリーンベース」が横長タイプへと変更され設置性を高めた。

公式オンラインストアでの直販価格は、「ルンバj7+」が12万9800円(以下全て税込)、「ホームベース」が付属のスタンダードモデル「ルンバj7」が9万9800円。

元記事で読む
の記事をもっとみる