1. トップ
  2. ファッション
  3. ミルティーユ・ベックの小さな指輪、秋支度にジュエリーも忘れずに。

ミルティーユ・ベックの小さな指輪、秋支度にジュエリーも忘れずに。

  • 2015.8.26
  • 2316 views

9区のアンリ・モニエ通りに小さなジュエリー・ブティック、ミルティーユ・ベックがある。奥がアトリエとなっていて、彼女はここでデザインしたり作業をしたり。石の美しさに導かれるようにミルティーユがクリエートするジュエリー。淡いピンク色、ブルーがかったグリーンなど珍しい小さな石をあれこれ並べては置き換えて、と彼女はこれから創るジュエリーに思いを巡らす時間を楽しんでいる。

奥にアトリエを秘めたミルティーユ・ベックのブティック内。彼女自身のコレクションだけでなく、彼女が選んだ他のクリエーターのジュエリーも扱っている。


石との出会いから誕生する新しいコレクション。ヴィクトリアと命名されたのは、ピンクゴールドとトルマリン、マルチカラーのサファイアを組み合せた愛らしく繊細な指輪のコレクションだ。どれも一点もの。英国のヴィクトリア女王の名前をつけたのは、小ぶりの石を3つ並べたヴィクトリア時代のスタイルにインスパイアされたから。彼女のデザインの特徴となっている、細かいパール状の装飾が石の周囲に施されている。

色石の美しさを引き立たせたヴィクトリア・コレクション。価格は865ユーロ~。


ゴールドとローズカットのダイヤモンドを用いて、彼女は初めて婚約・結婚指輪を意識したコレクションも発表した。名前はセレスト。シンプルでピュアなデザインなので、婚約しようがしまいが、どんな服にも似合うので日常的に身につけたいリングの数々だ。これらも細かいパール状の装飾がダイヤモンドを取り囲んでいる。こちらのスタイルもアンティークジュエリーを思わせ、ロマンティックでエレガント。重ねづけするのも楽しそう。

エンゲージリング。左はピンクゴールド、ホワイトゴールド、ローズカットのダイヤモンド。右はピンクゴールドとローズカットのダイヤモンド。

結婚指輪。左はホワイトゴールドとローズカットのダイヤモンド。右はピンクゴールドとローズカットのダイヤモンド。セレストのコレクションは790ユーロから。


Myrtille Beck
30 , rue Henry Monnier
75009 Paris
Tel.01 40 23 99 84
http://myrtillebeck.com/

元記事を読む