1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 水着にならずに海を楽しめちゃう! 関東近郊のおすすめビーチ3選

水着にならずに海を楽しめちゃう! 関東近郊のおすすめビーチ3選

  • 2015.8.25
  • 8638 views

「水着を着たくないから海に行きたくない」「今年の夏ももう終わり…」そんなことを思っている人も多いはず。そこで今回は、オトナ女子におススメしたい、まだまだ間に合う近場ビーチの楽しみ方とチェックしてほしいポイントをご紹介します!

●美味しいお酒とご飯と音楽「森戸海岸」

湘南新宿ラインで新宿から1時間の逗子駅からバスで約20分、タクシーでも1000円程度で行ける「森戸海岸」。逗子駅周辺には他にもたくさんのビーチがありますがここは最も広い砂浜を持つ海岸なので、日中は家族連れや小さなお子様で賑わいます。

そしてここの特徴は江の島と富士山両方を望むことができること! 海岸から江の島越しに見える富士山が夕日に照らされる景観はまさに絶景。日が暮れたくらいに到着すれば、海で遊ぶ人たちの数も多くないのでおススメです。そして夜の楽しみとして注目してほしいのが海の家「オアシス」。

こちらは竹でできた南国のような建物で、居酒屋やカフェ、バーなどいくつかのブースが連なっている海の家。8月末まで毎日レゲエやヒップホップのライブが行われており、ゴキゲンな音楽を聴きながらタイ料理や日替わりおつまみ、バナナラムやモヒートなど夏気分を味わえるお酒が楽しめます。カフェメニューも充実しているので、お酒が飲めない人も心配ナシ。都会の喧騒を忘れて海のそばで陽気に女子会、なんていかがですか?

●砂浜をライトアップ「熱海サンビーチ」

温泉が有名な熱海ですが、実はビーチも素敵なんです。熱海駅から徒歩10分で着く「熱海サンビーチ」は数年前に整備されてとてもきれいなビーチになりました。ここは日没以降の夜がおすすめ。なんと22時までの間、砂浜が美しいイルミネーションでライトアップされるんです!砂浜のライトアップは国内初だそう。

海岸にはヤシの木が並んでいて、すぐそばにはホテルが立ち並ぶ市街地というロケーションは、温泉地ではなく海外のビーチのような景観。月明かりのようなライトがブルーに照らす砂浜と、海から聴こえてくる静かな波の音がとってもロマンチック! ナイトウォークや花火はもちろん、砂浜でただ座っているだけでも居心地がとっても良いですよ。また、ビーチ近くのムーンテラスは「恋人の聖地」として、テラス尖端の噴水で恋人達が愛を誓い合うんだとか。

ちなみに熱海サンビーチには海の家がありません。すぐ近くには浮き輪やタオルなどのレジャーグッズも揃えたコンビニがあるので、海で遊ぶ時にはこちらで買い出しを済ませた方が良さそうです。

●海の見えるレストラン「江の島イルキャンティ・ビーチェ」

海の中でバシャバシャ遊びたくはないけど、海を見ながら美味しく食事したいという方におすすめなのが、江の島にあるこちらのレストラン。湘南でも数少ない、ビーチの上に立つレストランで、そのロケーションは見渡すかぎりのオーシャンパノラマなんです! 波の音を聴きながらワインと共に味わうパスタやピッツァは格別。こんなところでランチするなんて、海外旅行に来た気分♪

また、姉妹店である「イルキャンティ・カフェ 江の島」は江の島頭頂部に位置し、灯台すぐそばという立地!シチリア島の断崖に立つカフェレストランをイメージして作られたというだけあって、開放的なテラスからは遮るものなくオーシャンビューが広がります。カフェですが、フードメニューも充実しているのでランチやディナー時に行ってもばっちりです。大海原を望みながら食べるイタリアンなんて、素敵すぎます!

水着になって海の中に入らずとも、海を感じられるスポットをご紹介しました。まだまだ終わらない夏の楽しみ方のひとつとして、是非参考にしてみてください。

(石狩ジュンコ)

元記事を読む