1. トップ
  2. 恋愛
  3. そもそも間違ってない? 彼を好きな「理由」を探してしまう理由

そもそも間違ってない? 彼を好きな「理由」を探してしまう理由

  • 2015.8.25
  • 18259 views

よく友達に、

「どうして今の彼と付き合ったの?」

「どうして今の彼と結婚を決めたの?」

「相手のどういうところに惹(ひ)かれたの?」

と理由を聞いている女性がいますよね。

「理由」を探しているあなたへ

(c) bst2012 - Fotolia.com

女性特有のこの質問、自分の恋愛がうまくいっていない時こそ他人の意見や恋愛観に興味がわくものです。

優しいから

価値観が同じだから

趣味が一緒だった

経済力があるから

学歴があるから

顔が好みだったから

いろいろなサイトでこういうランキングをよく見ますが、私からしてみれば、恋愛・結婚に関して「理由を探す」という行為自体が理解不能です。

男性を選ぶのに理由を考えるんですか?

「経済力があるから」と答えたあなた。もし彼の経済力が失われたら、好きではなくなるのですか?

「顔が好みだから」と答えたあなた。今後彼が年老いて外見が好きではなくなったら?

さあどうでしょう。わざわざ理由を考えるような人、本当に選ぶ人と言えるのでしょうか。

私は考えるのも答えるのもめんどくさいと思ってしまいます。

「好きだから」じゃ、だめなんですか?

どんな素晴らしい理由をかかげて付き合っても結婚ができても、別れる時は別れます。冷める時は冷めるんです。

それにもかかわらずあなたが理由を探すのは、心のどこかで相手に対して抵抗があるから。友達に理由をたずねるのはひと後押しがほしいから。違いますか。

私は以前、友達に、恋愛とか結婚は生理的欲求に近いと言ったことがあります。「あ、トイレ行きたい」「おなかすいた」「うわー漏れるーー!!」に近いと。

生きるためには絶対的な欲求ですが、これに「理由」ってありませんよね。それと同じなんです。特別な理由なんていらないんです。「よくわからないけど好きだから」で十分。それが一番重要なんです。

今日も友達に恋愛相談をしているあなた。今の彼、「好き」ですか? 今一度、考えてみてください。

(内藤 里奈)

オリジナルサイトで読む