1. トップ
  2. 恋愛
  3. オーバー30で失恋=結婚できないフラグ?【女30からのシアワセ道 vol.1】

オーバー30で失恋=結婚できないフラグ?【女30からのシアワセ道 vol.1】

  • 2015.8.22
  • 26462 views

みなさま、こんにちは。恋愛コラムニストの内埜さくらです。わたくし、この新連載「女30からのシアワセ道」のお話をいただいたとき、非常に胸がワクワクしました。というのも、メールで受けている恋愛相談では、オーバー30の女性たちからの失恋に関するお悩みが急増しているからです。

オーバー30で失恋=結婚できないフラグ?:女30からのシアワセ道【vol.1】

(c)Kaltes Herz - Fotolia.com

連載という形でパートナーとシアワセになりたいと願う女性を応援できるなんて、光栄です!

■オーバー30からシアワセをつかんだ女性たち

失恋のお悩みが急増していると先述しましたが、オーバー30で恋人との別離を経験した女性たちが持つ焦燥感が以下です。

「この年齢で彼と別れてしまったから、自分はもう結婚できないかもしれない」

女性が30歳をすぎたら、本当に結婚できないのでしょうか? もちろん、そんなことはありません。周りを見渡してみてください。30代で結婚してシアワセな家庭を営んでいる女性はごまんといるはずです。

わたしの知人には、仕事を通じて出会い、38歳のときに10歳年下の旦那さまとゴールインした例があります。男性側からナンパするというカタチで出会い、35歳で同い年の旦那さまと結婚し、36歳で出産した例もあります。

犬好きが集うサークルで出会った年上の旦那さまと、36歳で結婚した方もいました。ひとり暮らしの女性がペットを飼うと、婚期を逃すという説が絶対ではないケースともいえます。いずれも元彼と別れたのは、30代前半です。

■結婚できないフラグを立てているのは自分自身

年齢的に結婚を踏まえておつき合いをしているケースが多いので、失恋をすると、いままで経験をしたことがないような喪失感と絶望感を味わう女性も少なくありません。

「辛すぎて死にたい」と、直接お顔を拝見しているわけではないですが、泣きながらメールを打っているであろうと想像できる相談者さんも、何人もいらっしゃいます。

もっとも密接な関係を築いてきた血のつながらない他者である恋人を失うと、人は自分自身への自己評価が極端に下降する心理も働きますから、無理もない話だと思います。

ですが、だからこそお伝えしたいのです。「オーバー30で失恋=一生独身決定ではない」という現実を。「一生、独身かもしれない」と視野を狭くしてしまっているのは、ほかならぬ自分自身であることを。

■大切なのは、独身であることに引け目を感じないこと!

視野が狭くなるとせっかく新たな出会いがあっても元彼と比較してしまい、「元彼以上に好きになれない」と悩み、つながるかもしれなかったご縁を手放してしまう相談者さんもいらっしゃいました。

「一生、独身かもしれない」という否定的な考えが心を占めてしまうと、それだけで日ごろから顔つきが暗くなり、本来のその人なりのよさまでその暗い顔つきに押し込め、魅力を発揮できないことも、充分にありうることです。

結婚に焦りを覚える女性は、自身が独身という立場であることに引け目を感じることもあるかもしれませんが、それはとてももったいない話。

引け目という感情にばかり傾注してしまうと、自分のためだけに使える時間とお金がある、せっかくの独身時代を謳歌することすら忘れてしまいます。

30歳をすぎたら、結婚できるかどうかのカウントダウンが始まる。それは動かしがたい現実かもしれませんが、20代のころよりも少し急ぎ足で、でも急ぎすぎてしくじることがないような、シアワセになれる道をお手伝いさせていただきます。これからどうぞよろしくお願いいたします。

(内埜さくら)

元記事を読む