1. トップ
  2. 恋愛
  3. メルセデス役のアンバー・ライリー、『glee/グリー』キャストの悲劇を語る

メルセデス役のアンバー・ライリー、『glee/グリー』キャストの悲劇を語る

  • 2022.1.26
  • 11795 views

ドラマ『glee/グリー』のメルセデス役でおなじみの俳優アンバー・ライリーがかつての共演者たちの身に起こった悲劇と、SNSで広く使われている“グリーの呪い”という言葉を使わない理由について語った。(フロントロウ編集部)

アンバー・ライリーが『glee/グリー』共演者の死について語る

いじめや障がい、LGBTQ+といったテーマを取り入れた大人気青春ミュージカルドラマ『glee/グリー』(以下『グリー』)にメルセデス役で出演していた俳優のアンバー・ライリーが、かつての共演者たちの身に起こった悲劇について重い口を開いた。

数々のスターを輩出し、放送終了から約7年が経った今も多くのファンから愛される『グリー』だが、輝かしい功績や人々に笑顔と希望を届けるキラキラとしたイメージとは裏腹に、これまでにメインキャラクターを演じた3人の役者たちが若くしてこの世を去っている。

まだ番組が放送されていた2013年に、フィン役で出演していた俳優のコリー・モンティスが薬物の過剰摂取が原因で死去(享年31歳)。また、番組の放送終了から約3年後の2018年、パック役のマーク・サリングが自殺(享年35歳)。そして、2020年にサンタナ役のナヤ・リヴェラが湖で水難事故に遭い、後日、遺体となって発見された(享年33歳)。

画像: アンバー・ライリーが『glee/グリー』共演者の死について語る

ドラマ出演者たちの悲劇が相次いでいることから、SNSでは“グリーの呪い”という言葉が広く使われているが、アンバーはその言葉を使うつもりはないという。米PageSixのインタビューでその理由を聞かれたアンバーはこう答えている。

「残念なことに、人生は予期せぬことが起こるものです。たしかにあの番組からたくさんのエネルギーが生まれたました。でも、みんな『グリー』の前にも人生があったんです。『グリー』は私たちの人生のすべてではないのです。人生は予測不能であり、短いからこそ、最大限に楽しみ、やりたいことをやることを大切にしています」

ちなみに、『グリー』が人生のすべてではないと話すアンバーは、実生活で役名のメルセデスと呼ばれることを快く思っていないそうで、「私にキャリアを与えてくれた番組やキャラクターを悪く言うつもりはないけど、お願いだからもうやめて」と、今年1月にツイッターを通じてファンにお願いしている。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる