1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【零す】はなんて読む?「れいり」や「ぜろり」ではありません!

【零す】はなんて読む?「れいり」や「ぜろり」ではありません!

  • 2022.1.27
  • 259 views

「零す」はなんて読む?

雨冠(あめかんむり)に、「令」という言葉をあわせたこの漢字。

いったい、なんて読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、「こぼす」でした!

意味は、容器をうっかりひっくり返して、中のものを外に出してしまう、うれしさなどの感情を表に出す、不満を胸に収めず口に出すなど。

また、うれしさのあまり笑みが零れる(こぼれる)といったように使うことができますよ。

零という漢字はゼロやレイと読むように、なにもない状態を意味します。それと同時に、割り切れずこぼれたもの、あまりという意味もできたそうです。

そのため、零は「零れる(こぼれる)」のほかに、「零り(あまり)」と読むことができます。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

元記事で読む
の記事をもっとみる