1. トップ
  2. 恋愛
  3. 元彼と復縁したい人必見! 男性の「復縁したい」サイン20選

元彼と復縁したい人必見! 男性の「復縁したい」サイン20選

  • 2022.1.25
  • 3440 views

元カノとの復縁を願うとき、男性は必ずといっていいほど「復縁サイン」を出します。この記事では、よくある20の復縁サインを紹介。元彼との復縁を望むときにすべきことや、断る場合の注意点も併せてお伝えします。

■男性は元カノに未練を抱きやすい?

Image38

よく、男性は過去の恋愛を「ファイルごとに名前をつけて保存」し、女性は「上書き保存」をすると言われています。男性はこれまで交際してきた人の情報をこっそり保存し、たまに開いては思い出しているためなかなか忘れられず、女性は元彼情報を“新しい恋人情報”で上書きしてしまうため、過去の恋愛は綺麗さっぱり忘れて次の恋愛へシフトしやすい……という説も。

もし元彼が「名前をつけて保存」タイプであれば、女性からの復縁オファーは意外と難しくないとも言えます。

けれど、復縁がうまくいくかはタイミング次第。

そのタイミングを逃さないように、この記事では、男性の「復縁したいサイン」を紹介します。復縁を望むなら、サインをキャッチしたときにすぐ復縁のための行動できるよう、アンテナを張っておきましょう。

■復縁したい男性のサイン20選

1.連絡をしてくる

Image39

人の本音は行動に現れやすいもの。元カノであるあなたへ連絡をしてくるのは、もう一度あなたとコミュニケーションを取りたいという本音があるからこそ。「元気にしているかな?」や「どうしているかな?」と思うことはあっても、未練がなければ実際に連絡をしようとは思いません。けれど、連絡がきたからといって即「復縁OK」と相手の気持ちを判断しないように。残った未練の深さや本気度を見極めてから復縁タイミングを判断しましょう。

2.SNSをチェックする

Image9

あなたのSNSへ「いいね」や足あとを残したり、時にはコメントやDM(ダイレクトメッセージ)を送ってくるようであれば、それも復縁サインのひとつ。別れても気になるからこそ、今のあなたの状況を確認したくなるのです。

3.やたらと褒める

Image27

気に入られたい相手に対し、誰もが自然と取ってしまう行動が”相手を褒める“ということ。だから別れたにもかかわらずやたらと褒めてくるのであれば、自分を気に入ってほしいアピールのひとつと判断して間違いないでしょう。

4.彼女がいないことをアピールしてくる

Image19

こちらが聞いてもいないのに、好きな人がいないことや誰とも付き合っていないなどの情報を伝えてくるようであれば復縁サインです。

けれどあなたが聞いた質問への答えなら、復縁サインではありません。あくまでも彼が自発的に彼女がいないことをアピールしてくる、それが復縁サインなのです。

5.彼女の愚痴を小出しにする

Image2

例え今付き合っている彼女がいたとしても、その彼女の愚痴をちらりほらりと漏らし、それに対するあなたのリアクションを伺うようなそぶりがあれば復縁サインです。あなたと別れて新しい彼女ができたけれど、いまいちしっくりこない……むしろ元カノの良さを実感したというエピソードもあります。

ただし、元カノのあなたに気を遣ってわざと今付き合っている人の愚痴を言う場合もありますので慎重に見極めましょう。

6.友人を使って情報を探ってくる

Image29

直接情報を確認しなくとも友人を使って元カノの情報をリサーチしてくる、これも復縁サインのひとつです。また「〇〇が復縁したいみたいだよ」や「まだ忘れられないって言っていたよ」など、友人を使った気持ちの伝言もセットになるようであれば復縁への気持ちを抱いている可能性が高いと言えるでしょう。

7.友人を介して自分の未練を伝えてくる

Image28

複数の友人を介してあなたへの未練を伝えてくるなら、彼の復縁モードはかなり高いと判断できるでしょう。複数の友人から元カノであるあなたへの未練情報が伝わるということは、かなり多くの友人へそのことを伝えている証拠なのですから。

8.理由をつけて会おうとする

Image23

本音は行動に現れる、だからこそ会いたい気持ちを我慢することはできません。けれど、復縁告白が成功しなかったら、わずかに残る可能性を自らつぶすようなもの。だから「久しぶりに会おうよ」と何気ないふりをして会おうとします。

ただし、ふたりでなく、共通の知り合いや友達を交えて複数で会おうとするならば復縁モードはそれほど高くありません。ふたりきりで会おうとするなら、復縁したい意思はかなり強いでしょう。

9.誕生日に「おめでとう」のメッセージを送ってくる

Image16

誕生日は絶好の復縁チャンス。だからこそ、誕生日におめでとうのメッセージを送ってくるようであれば、それは復縁サインです。例えそれがスタンプひとつだとしても、メッセージを送るということは、元カノの存在が彼にとって過去になっていないからなのです。

10.付き合っていた頃の自己反省を伝えてくる

Image22

「もっとこうすべきだった」や「反省している」など、聞かれもしないのに付き合っていた頃の自己反省を伝えてくるのは復縁サイン。なぜならば「別れの原因になったであろうことはもう解決した」ということを間接的に伝えているからです。

11.付き合っていたときの自分から変わったとアピールをしてくる

Image20

さらに、自己反省から「変わった自分」のアピールに続いたらかなり強い復縁サインです。「こうすべきだったから、今こう変わった」や「反省して二度とそういうことはしない」または「反省して次はこうする」など、変わった自分をしっかりアピールしてきます。

12.復縁して付き合った場合のメリットをアピールしてくる

Image25

「もし、復縁したとして」のメリットをアピールしてきたら、それは復縁サインというよりも既に“復縁告白”と捉えても良いでしょう。

13.飲みに誘ってくる

Image40

もし、あなたがお酒をたしなみ、それを彼が知っているのであれば、飲みの誘いは復縁サインです。そしてちょっと洒落たバーや落ち着いた雰囲気のレストランなどを指定してきたら、もしかすると復縁告白を想定しているかもしれないと考えて対応しましょう。

14.共通の趣味やイベントへ誘ってくる

Image13

付き合っていた頃を思い出してほしいからこそ、共通の趣味やイベントに誘ってきます。たとえばゴルフや互いが好きなアーティストのコンサートなど、楽しい時間を共有していたことを思い出してほしいからこそ元カノを誘うのです。

15.夜に会いたがる

Image4

人は日が高いうちは冷静な判断力を失いにくいもの。けれど、夕方から夜にかけては情緒的な感性が高まる時間。「夜に書いたラブレターやメッセージを朝読んだら、びっくりするほどのロマンチックな内容で赤面した」なんて経験がある人もいるのでは? だからこそ、元彼の誘いが夜ならば、ロマンチックな雰囲気を演出したい可能性大。

対照的に、大人数やワイワイできる居酒屋などを指定してきたら、復縁したい気持ちはあまり高くないでしょう。

16.プレゼントをくれる

Image7

「これ好きだったよね」や「似合いそうだから」など、さり気なくプレゼントをくれるようなら間違いなく復縁サインです。思いを形にして相手に渡す行為は、相手のことを相当に考えていなければできません。ただし、プレゼントを贈ることがライフワークになっているようなタイプもいますので、付き合っていた頃の彼の特徴から判断しましょう。

17.連絡がまめになる

Image10

別れてからも連絡を取り合っているようなふたりは、復縁サインの見極めが難しいですよね。でもその連絡がまめになってきたら、例えば1カ月に一度くらいのやりとりが1週間に1回ペースになってきたら、復縁サインと判断しましょう。

18.ふたりの楽しかった思い出話をしたがる

Image36

ふたりの楽しかった思い出話をしている瞬間、彼の時間は以前あなたと付き合っていた頃にタイムスリップしています。彼の中で楽しかったふたりの思い出がまだ色濃く鮮明に残っているということは、まだ過去になっていない、つまり復縁を望んでいる可能性があります。

19.「一番好きだった」「楽しかった」「今でも忘れられない」というフレーズが多い

Image17

これらのフレーズはもはや告白のようなもの。複数回このセリフが出るようなら、復縁の可能性はかなり高いとみて間違いなしです。特に「今でも忘れられない」というセリフが出る場合は復縁タイミングが来ていると判断し、あなたにも復縁の意思があるのなら、そのタイミングを逃さないようにしましょう。

20.LINEがまめになる、または丁寧になる

Image14

人は行動に嘘をつくことができません。LINEがまめになったり丁寧になるということは、そこに彼のあなたと関わりたいという本音があります。たとえば質問形式のLINEが多くなったり、コミュニケーションのラリーが長く続くようになったり、ふたりの思い出やふたりにしかわからないようなことを送ってきたりするようであれば、そこには彼の未練がしっかり見えます。間違いなく復縁サインでしょう。

■男性が復縁のサインを出す理由

ここまで、男性が出す復縁サインを紹介してきました。では、「復縁したい」と考える理由はどのようなものなのでしょうか。背景となる5つの理由について、男性の声と併せて紹介します。

寂しくなった

Image5

復縁サインを出す一番の理由がこれ。特に冬は恋愛イベントも多く、人肌恋しくなるもの。「寂しくなってしまいついつい」というパターンです。

いろいろあって彼女と別れました。けれどクリスマスや年末年始をカップルで過ごす友達の話を聞くと寂しくなってしまい元カノに連絡をとってしまいました。(38歳男性)

いつも一緒に遊んでいる友達に彼女ができてしまい、時間が空いたんです。寂しくなって元カノが恋しくなりました。(29歳男性)

元カノとは友達付き合いから付き合ったので共通の友達が多くいましたが、別れてしまったことでその友達とも中々会えなくなりました。彼女と復縁と言うより友達含めてまた一緒に遊びたいと元カノを誘ってしまいました。(31歳男性)

今の彼女と上手くいかなくなった

Image31

新しく付き合ってみたものの、やっぱり……というパターン。転職して初めて前職場の良さを知るように、比較したからこそわかる魅力があるのです。

今カノは元カノと付き合っている時に浮気した相手。そのまま元カノと別れて付き合ったけれど、わがままで気が強くとにかく疲れる。今更ながら元カノの穏やかさが懐かしいです。(40歳男性)

長く付き合った彼女と別れてから誰とも長続きしません。原因は僕のわがままな性格だとわかっているけど直せない。元カノがどれだけ自分に合わせてくれていたかを痛感してます。(34歳男性)

見た目がタイプで付き合ったけれど話がまったく話が噛み合わない。やっぱり一緒にいて楽しい元カノが良かったなと後悔しています。(27歳男性)

友達に言われた

Image26

友達のひと言は意外と重要。彼女と別れた理由や別れたことへの批判的な意見を伝えられるたびに後悔が強くなり、復縁へと気持ちが傾くのです。

別れてから友達に会う度に「なんで別れたの?」や「もったいない」と言われ続けてます。だんだん自分もそんな気になってしまい復縁へと気持ちが傾きました。(29歳男性)

復縁したくなった理由は親友が復縁を強烈にすすめたから。私の事を一番わかっている親友が「おまえにはあの子が一番」と断言されると説得力が違いました。(41歳男性)

友達に「復縁する気がないなら、俺があの子にアプローチするよ」とまで言われました。友達と元カノが付き合っている姿を想像したときに、復縁意識が一気に高まりました。(34歳男性)

SNSなどで元カノがフリーと知った

Image3

Instagram(インスタグラム)やFacebook(フェイスブック)など、SNSで元カノがフリーと知り、復縁意識が高まるケースも。

どうしても気になって元カノのインスタを見たら、相変わらず綺麗だったし、付き合っている人がいないことを知り復縁したくなりました。(39歳男性)

元気にしているかなとSNSを見たら、ちょうど付き合ってる人と別れたと報告が。それならもう一度自分が、と思ってしました。(36歳男性)

彼氏と別れたという報告に対し、いろいろな男からアプローチされている書きこみを見て、自分が守らなくてはと復縁したくなりました。(42歳男性)

再会した

Image40

やっぱり実際に顔を見てしまうと付き合っていた頃を思い出してしまうもの。けれど、その再会のシーンが彼の期待以上であることが条件です。

偶然街でばったり。元カノは友達といましたが別れたときよりさらに綺麗になっていて、思わず連絡をしてしまいました。(37歳男性)

友達の結婚式で偶然再会。別れた頃とまったく変わらない彼女に再び恋をしてしまいました。(36歳男性)

■復縁を選ばない男性の心理

どれだけ周囲に説得されたとしても、SNSを通じて元カノへの思いを募らせたとしても、復縁を選ばない男性もいます。復縁を選択する男性の一方で、復縁しないという選択をした男性の心理は大きく3つです。

今カノに満足している

Image11

復縁を選択しない男性の答えとして一番多かったのはこれ。今付き合っている彼女に満足をしている。つまり彼の時計は既に動いており、過去には戻れないということ。

元カノと別れた後、しばらく自分でも驚くほど落ち込みました。そんな状態から救ってくれたのが今の彼女なんです。だからもう過去には戻りたくないですね。(43歳男性)

今は新しい彼女がいて幸せです。「元カノと付き合っているときもこうすればよかったな」と、たまに反省の意味で思い出すことはあっても復縁はしたいとは思いません。元カノも幸せになってほしいですけどね。(28歳男性)

元カノには彼氏として優しくできなかったことを反省しています。その反省から学んだことを今付き合っている方との付き合いで実践しています。思い出すことはあっても、関係性を復活させようとは思えません。(39歳男性)

恋愛モードではない

Image30

縁が生まれるかどうかは、タイミングが重要。いくら望んだとしても肝心の本人が恋愛モードになっていないのであれば復縁は難しいでしょう。

元カノから復縁の告白をされましたが、仕事が忙しくとても恋愛できる状態ではありませんでした。タイミングって大切だなと実感しました。(36歳男性)

別れてから恋愛自体に疲れてしまい、しばらくいいかなと思ってたところに元カノからの復縁オファー。もうちょっと後だったら復縁もありだったかもしれませんが。(31歳男性)

彼女と別れてデートもしなくなり、自分の時間を自分にだけ使えるようになって本当に楽しいです。恋愛はしばらくしなくてもいいと思っています。(41歳男性)

元カノに魅力を感じなかった

Image24

再会したのか、オンラインなのか。とにかく現在の元カノに魅力を感じなかったという理由も多く聞かれます。

元カノとなんとなくLINEのやりとりを続けて、会おうかという流れになり正直期待がありました。けれど、実際に再会した元カノに全く魅力を感じなかったんです。(44歳男性)

偶然見つけた元カノのSNS。そこには愚痴や誰かの悪口など、理解しがたい内容ばかりが投稿されていました。正直、別れて良かったなと思ってしまいました。(39歳男性)

再会した彼女は、自分の好みではない方向へと変わっていて、もう一緒になることはないのだろうと実感しました。(38歳男性)

■復縁したいサインを見つけたときにすべきこと

もしあなたも復縁を望むのであれば、復縁サインに気づいたタイミングを逃さないようにしましょう。復縁を成功させるためにすべきことを5つ紹介します。

電話で話してみる

Image21

直接会う前に電話で話してみましょう。オンラインだけではわかりにくい彼の真意が電話だとわかることも。長く話してくれたり、こちらの状況を探ってきたりするようであれば、電話で会う約束を取り付けてみましょう。

会う約束をする

Image15

直接相手と会わない限り復縁はありません。けれど、会うにあたっては現在のあなたを最大限ベストな状態に持っていきプレゼンする必要があります。明日や明後日と急がずにエステや美容、彼が好きな洋服を買ったり美容院に行ったりなど、仕上げられる日程を組み込んで調整しましょう。

復縁への探りを入れてみる

Image6

会うことができたら復縁への探りを入れてみましょう。数々の復縁サインを感じ取っていたならば安心です。けれど、いきなり新しい恋が始まったり、気持ちが冷めてしまったりなど相手の状況が変化した可能性もあります。復縁告白する前に、復縁の希望についての探りをさりげなくしてみてください。

今付き合っている人がいるかどうか確認する

Image8

今付き合っている人がいるかどうかの確認は告白するようなもの。復縁できそうだと確信したら、最後に付き合っている人がいるかどうか確認してください。たまに、付き合っている人がいるにもかかわらず復縁したいという男性もいます。そのときは冷静にその状況を受け止めることができるか判断しましょう。

復縁したいことを軽く伝えてみる

Image33

復縁したい気持ちを軽く伝えることは、プレ復縁告白のようなものです。「もしもう一度やり直したいって言ったらどうする?」や「まだ忘れられないって言ったらどうする?」など相手の率直な気持ちを聞いてみましょう。ここで焦ったり、照れたりするようであればそのまま復縁告白に持ち込むのもありです。

■復縁したくない場合の断り方

最後は、逆に彼から復縁をオファーされた場合の断り方についてです。復縁をオファーされたもののお断りする場合は、以下を伝えながら断りましょう。

「ありがとう」という気持ちを伝える

Image12

まずは復縁告白をしてくれたことに対するお礼を伝えましょう。ありがとうという言葉は断りの強さを緩和してくれます。

嬉しい気持ちを伝える

Image18

そして告白に対し嬉しい気持ちを抱いたのであれば、その気持ちも素直に伝えましょう。「自分を好きになってくれてありがとう」という気持ちとともに、嬉しかったことも最初に伝えることで、その後の断りへの抵抗感がゆるめられます。

復縁できない理由を簡単に告げる

Image37

しかしながら、復縁できないことはしっかり伝えましょう。ここをぼやかしてしまうと、相手が断られてないと勘違いしてしまい、もめごとになる可能性を残します。

「復縁はできない」ということを伝え、同時にその理由も簡単に伝えます。「今、付き合っている人がいるから」や「今好きな人がいる」など、相手の希望を残さないようにした方が良いでしょう。

幸せを願っている気持ちを伝える

Image1

最後に相手の幸せを願う気持ちを伝えましょう。「幸せになってほしいと心から願っている」と言葉にすることで、過去の恋愛をしめくくりましょう。

断る場合は電話で

Image35

そして断る場合は直接会わない方が良いでしょう。もめごとになったり、泣かれてしまったりなどトラブルになる可能性があります。お断りする場合はLINEよりも、真剣さの伝わる電話がベストです。

■復縁オファーはタイミングが肝心

Image34

元彼との復縁率を高めるためには外せないポイントあるのと同時に、断る場合も注意すべき点があります。一度付き合った相手をなかなか忘れられない男性もいますが、もちろん全員がそうであるとは限りませんし、すべての縁はタイミングが重要。特に復縁はタイミングを外してしまうと上手くいくものも行きませんから、しっかり見極めてくださいね。

元記事で読む
の記事をもっとみる