1. トップ
  2. ファッション
  3. 【フォトレポート】自由ヶ丘にベイクルーズの大型旗艦店「メゾン イエナ」21日オープン

【フォトレポート】自由ヶ丘にベイクルーズの大型旗艦店「メゾン イエナ」21日オープン

  • 2015.8.20
  • 2761 views

2016年で25周年を迎える「イエナ(IENA)」が、東京・自由が丘に大型旗艦店「メゾン イエナ(Maison IENA)」を8月21日にオープン。本日、プレス向けに公開された店内をフォトレポートする。

「メゾン イエナ」は、豊かなライフスタイルを提案するベイクルーズの新業態として誕生。パリ16区に住む女性の"16のしたいこと"をコンセプトに16のMDで構成する。300坪・3層構造となる1階には、パリ随一のパン職人といわれるクリストフ・ヴァスール氏によるパン屋が新ブランド「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール(RITUEL par Christophe Vasseur)」を開発し、日本初上陸。ヴィエノワズリー専門店として、日本限定「エスカルゴ マングー・ヴァニーユ」をはじめ、クロワッサンやショコラティン、ニフレット、ル・サクリスタンなどを展開する。

また、パリ在住の日本人フラワーデコレーター・濱村純による花屋「ジュネット(junnette)」も併設。アトリエをイメージしたという同店は、白とグリーンを基調とした削ぎ落としたフラワーデザインを提案。花器、アンティーク雑貨などもセレクトする。

1階の物販フロアには、"ありがとうを、届ける"をテーマに、「木村硝子店」によるワイングラスなどのグラス類、「シゲタ(SHIGETA)」「ジョンマスターオーガニック(john masters organics)」「グロウン・アルケミスト(GROWN ALCHEMIST)」などのコスメブランドをはじめ、フレグランスやステーショナリー、カトラリーなどのギフトアイテムが充実。ギフト包装もバリエーション豊かにセレクトすることができるバーも用意する。

2階はメインとなるトレンドとベーシックウェアをはじめ、「リーバイス(Levi's)」「コラール(KORAL)」など常時8から12のデニムブランドや、「セント・ジェームス(SAINT JAMES)」「ルミノア(Le minor)」「ウェア ザ フィロソフィ(WEAR THE PHILOSOPHY)」などのボーダーアイテムが1年中揃う各コーナー、、「レッドヴァレンティノ(RED VALENTINO)」「カレンウォーカー(KAREN WALKER)」「レペット(Repetto)」「ブランドメイヤー(BRANDMAIR)」などが並ぶリトルブラックドレスのほか、服飾雑貨も充実。また、ベーシックなブランドのフルラインアップを揃えるポップアップスペース、メイドインジャパンにこだわったベイクルーズのオリジナルブランド「エル(AILE)」も展開する。

3階にはインポートブランドを中心にルームウェアやワンマイルウェア、「アディダス バイ ステラマッカートニー(adidas by Stella McCartney)」「デサント(DESCENTE)」などのスポーツウェア、キッズアイテム、トラベルアイテムなどを揃え、既存店にはない新たなラインアップで構成。特に注目はベイクルーズとしても初の大きな取り組みだという、"子供には無条件な愛を"テーマにしたキッズコーナー。親子コーデも楽しめる「アーチ&ライン(arch & line)」をはじめ、「ウニタ(UnitA)」「スワップミートマーケット(SWAP MEET MARKET)」などのアパレルや、スタイ・おくるみ・トイなど、ベビーアイテムも充実する。さらに、「ナイキ(NIKE)」「アディダス(adidas)」などから、"オールホワイト"のスニーカーのみを集積させたシューズ売り場も面白い。

最上階となる3階には、開放的な屋外のテラススペースも併設。1階で購入したパンやドリンクを片手に、ファミリーでくつろげそうだ。再注目される自由ヶ丘という地でパリジェンヌが提案するライフスタイルをゆっくり感じることができる、心地よい空間が誕生した。

メゾン イエナ(Maison IENA)
住所:東京都目黒区自由が丘2-9-17
TEL:03-5731-8841
営業時間:平日10:00~20:00 土日祝 9:30~20:00
URL:http://maison.iena.jp/

元記事を読む