1. トップ
  2. ダイエット
  3. 増えた体重を短期間で戻すポイント3つ

増えた体重を短期間で戻すポイント3つ

  • 2022.1.25
  • 10785 views

「年末年始で太ってしまった! やばい……」なんて思っている方も多いのではないでしょうか。その他にも、おうち時間が増えたりなど、いろいろな理由で短期で太ってしまった経験は、誰にでもあるはずです。

短期間で太ってしまった場合、皆さんはどうしていますか?

アラフィフ・フィットネス美トレーナーの筆者が、短期間で太ってしまった場合にするべきことについてご紹介します。

■まずは「規則正しい生活」を心がける

おうち時間が増えて、生活スタイルが変化していませんか?

ついつい夜更かしをしてしまう! 家にいると1日3食ではなく、ついつい口さみしくてつねに食べ物を口にしてしまう!……心当たりのある方も多いでしょう。

今回は、規則正しく過ごすための時間帯についてアドバイスしたいと思います。

健康の3要素は、「運動・栄養・休養」ですが、私たちのカラダは、「運動」「食事」「睡眠」「排出」それぞれに最適な時間帯があります。

バランスの取れた食事をとり、たっぷり睡眠をとって、老廃物などの毒素をしっかりと排出することで、ダイエット効果が高まります。

自分で、「最近、生活リズムが乱れてる」と感じている方は、以下のサイクルを意識した日常生活を心掛けてみましょう!

(1)運動をするのは朝がおすすめ!

朝は、寝ている時に優位になっていた副交感神経から、朝起きての活動に向けて交感神経が優位になるようスイッチが切り替わる時間帯です。

朝に軽い運動を行うと、副交感神経から交感神経への切り替えがスムーズになり、自律神経のリズムとバランスが整いやすくなります。朝から体を活動的な状態にすることができるでしょう。

朝は、睡眠中に休息した脳がまっさらな状態です。

できれば、家事を始めたり仕事に出かけたりする前に運動をすると、集中してエクササイズに取り組むことができます。

そして朝運動をしておくことで、脳が覚醒し、仕事開始直後から高いパフォーマンスを発揮することができますよ。

(2)食事に適している時間は12~20時

この時間帯は、私たちのカラダは食べたものを消化する働きが高まる時間帯になります。

夕食が遅い時間になりがちな人は、なるべく20時までには夕食を済ませるように心掛けましょう。

(3)睡眠に適している時間は、20時~早朝4時

睡眠中は、日中に摂った栄養が私たちのカラダに吸収される大切な時間帯になります。

仕事をしていると20時に寝るのはなかなか難しいかもしれませんが、早寝して「早起き」することは、昔からよくいわれているように、やはり「三文の徳」以上の価値があるようです。

(4)排出に最適なのは、早朝4時~12時

この時間帯は、排泄によって毒素を体の外に出す際に、体内の酵素が消費されます。

ですので、朝ごはんはヨーグルトや果物や納豆など、酵素の働きを助けてくれる食事を心がけることがおすすめです。

■プチファスティングで胃腸をお休みさせる

「規則正しい生活」を整える一方で、食べ過ぎで胃が疲れていると感じた時は、一度リセットして胃腸をお休みさせる「プチ断食」もしくは「プチファスティング」をするのもおすすめです。

筆者が「食べ過ぎたな!」と感じた時にたまに行うのは、16時間ファスティングです。

1日24時間の中で、8時間の間に食事を済ませて、残りの16時間は、お水等の水分以外食べ物は取らないようにします。

これは、「プチ断食」なんて呼ばれることもあります。

例えば週末に、夕方18時くらいにまでに夕飯を食べて、次の日は10時くらいまで胃を休ませてあげる。これなら、気軽にできそうですよね。

もっと簡単なのは、食べ過ぎた次の日は、お腹がすいて「ぐーーー!」となるまで食べないで胃を休ませることです。まさに、「カラダの声に耳を傾ける!」ということですね。

断食やファスティングは知識が必要なので、絶対に無理はしないようにしてください。無理して絶食に近いダイエットをしてしまうと、健康を損ねる可能性があるので注意しましょう。

■鏡で裸で、体重&自分の姿をチェック

あなたは、いつ、どのくらいのタイミングで体重計にのっていますか?

久しぶりに体重計に乗ったら、「きゃー!こんなに太ってる!」そうならないためにも、できれば毎日同じ時間帯に体重計に乗ることをおすすめします。

筆者はこの30年間、お風呂場の着替える場所に全身鏡と体重計を置いています。夜、お風呂に入る前に服を全部脱いで裸になる際に、裸で体重計に乗って、裸の姿を全身鏡で見て、できれば、前からだけでなく、横から、後ろからの姿をチェックするようにしています。

食べ過ぎの日は、裸で鏡を見ると、お腹がぽっこりしています。

裸で全身の姿を見ること、ぜひおすすめします! 毎日、自分の裸の姿を見ているからこそ、その違いがわかるのです。短期間での変化を実感すれば、生活習慣の改善にも取り組めるでしょう。

毎日が無理でも、定期的に裸で体重計と全身鏡でチェックすることを心がけましょう。

短期で体重が増えてしまう時には、必ず理由があるはずです。短期で増えた体重をそのままにしないで、すぐに対応しておくことが大切です。今回紹介したことをぜひ、試してみてくださいね。

(フィットネス美トレーナー MIKA)

元記事で読む
の記事をもっとみる