1. トップ
  2. グルメ
  3. 沖縄発! ハイビスカスエキスを使った、フラワースパークリング「HanaHanaBeni」がハレの日を艶やかに彩る。

沖縄発! ハイビスカスエキスを使った、フラワースパークリング「HanaHanaBeni」がハレの日を艶やかに彩る。

  • 2015.8.20
  • 1264 views

フラワースパークリング。左より、「ゴールドラベル」(250ml ¥1,500)、「ゴールドラベル」(750ml ¥12,000)、「シルバーラベル」(750ml ¥12,000)、「シルバーラベル」(250ml ¥1,500)。価格はいずれも税別

沖縄で、世界で初となるフラワースパークリング「HanaHanaBeni」が誕生。鮮やかな深紅の色の祝い酒として注目を集めている。

南国のシンボル花であるハイビスカスには、ポリフェノール含有量がブルーベリーの12倍以上、赤ワインの約9倍あり、疲労回復や美肌効果、むくみ解消などの効果が期待できるといわれている。そんなハイビスカスのなかでも、希少とされる沖縄古来の在来種「あかばなぁ」を手摘みし、そこから抽出したしずくを集め、名護の銘水をブレンドして作られた琉球ハーブエキスが「Beni」(120ml 1,300円~、税別)だ。着色料、保存料は一切、使用しておらず、宮古島農林水産物推奨品にも認定されている。

「HanaHanaBeni」は、そのハーブエキス「Beni」と、沖縄を代表するお酒である泡盛が出会い、完成した、ハレの日に相応しいフラワースパークリングだ。華やかなハイビスカスの香りと、爽やかな口当たりを兼ね備えた味わいはウェルカムドリンクにもぴったり。

アルコール度8%の「ゴールドラベル」のほか、お酒が苦手な方、妊娠中の方でも乾杯ができるノンアルコールの「シルバーラベル」もラインナップしている。ハイビスカスは幸せを運ぶといういわれのある花。艶やかな紅色は、幸せな日にさらなる彩りを与えてくれるはずだ。

価格/フラワースパークリング「ゴールドラベル」(アルコール8%)「シルバーラベル」(ノンアルコール)250ml 1,500円、750ml  12,000円 ・いずれも税別

※上記画像の他に、アルコール6%の「HanaHanaBeni PORTE」4,300円の展開あり。

www.hana-hana.info

問い合わせ先/株式会社 はなはな 03-5738-5087

参照元:VOGUE JAPAN

オリジナルサイトで読む