1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「料理は男性はしなくていい」過保護家庭で育った夫はご飯も炊けない…【夫にイラっとSP】

「料理は男性はしなくていい」過保護家庭で育った夫はご飯も炊けない…【夫にイラっとSP】

  • 2022.1.20
  • 1070 views

皆さんは旦那さんのちょっとしたことにでもイラっとしてしまった経験はありますか? 一緒に暮らしているからこそ、些細な事でも気になってしまうものです…。 今回は「過保護家庭で育った夫はご飯も炊けない…夫にイラっとSP」をご紹介します。

全部手伝って欲しい…

私は日中仕事をしているのに旦那が休みでした。 共働きで家庭にいれるお金も全て折半にしています。 しかし、旦那が休みの時はいっさい家事をやらず、時折食器を洗いますがそのときに「それくらいやりますよ」と威張りながらやります。 一日中休みなんだから家事、全て手伝ってほしいです。 (32歳/会社員)

手伝うけど上から目線な夫…。

夫が家の事何もしてくれない…とイライラする方は多いと思いますが、うちの夫は家事が嫌いじゃないんです。 掃除機かけ食器洗いなど率先してやってくれますがと「〇〇してやったぞ。」と必ず言います。 「台所磨いてやった」「掃除機かけてやった」と、上から目線で…。 私たち主婦は毎日家事を当たり前のように黙ってこなします。 もちろん夫には感謝していますが「〇〇してやったぞ」には毎度、イラっとします。 (55歳/主婦)

台所に入ったことすらない夫…

旦那と結婚してすぐのこと。 お互いに共働きだったので、料理をお互い頑張ろうという話になりました。 すると彼から「実家にいたころはお母さんから料理は男性はしなくていいわよ、と言われてたからほぼキッチンに入ったことないんだよね」過保護であっただろう発言が…。 結果、お米さえ炊いたこともなく、一から教えてあげることに…もう少し、常識を身に付けさせるべきではないかと思いました。 (30歳/会社員)


いかがでしたか?

皆さん旦那さんが原因でイラっとしてしまった経験は多々あるようです…。 こうならないためにも日々思いやりの心を忘れないようにしましょうね。 ※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

元記事で読む
の記事をもっとみる