1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【埼玉】縁結びを願う人は〈川越氷川神社〉へ。/乙女心をくすぐる「かわいい」神社!

【埼玉】縁結びを願う人は〈川越氷川神社〉へ。/乙女心をくすぐる「かわいい」神社!

  • 2022.1.18
  • 4113 views

授与品をはじめ、おみくじ、しつらえまで思わず「かわいい!」と声に出したくなる工夫がいっぱいの神社を選んでみました。今回は、埼玉〈川越氷川神社〉を訪れました。

縁結びを願う人の心にかわいいあれこれが響く。

平日にもかかわらず、着物に身を包んだ女性の参拝客でにぎわう川越氷川神社(かわごえひかわじんじゃ)。彼女たちを虜にしているのは、縁結びにまつわる授与品やスポットの数々だ。この日もまるで縁日のように、大きな樽の中から釣り上げる「鯛みくじ」に夢中になる姿があった。「SNSの影響も大きいようで、授与品などの写真を見て足を運んでくださる方もいます。縁結びにまつわるものは以前から変わらずに続けていることなので、こんなに人が集まるとは。でもこれも全て〝ご縁〞だと思っています」(権禰宜(ごんねぎ)・荒川裕也さん)

家族・夫婦円満、縁結びの神社として約1500年もの間、川越の地を守り続けているが、鳥居をくぐると春夏秋冬、違う景色を楽しめるのも醍醐味のひとつ。“風が想いを運ぶ”ことから、夏には2000個以上の風鈴が飾られ、心地よい音が境内いっぱいに広がる。イラストレーター・大塚いちおさんによる「赤い糸ベンチ」も完成し、両端に座って小指を差し出せば赤い糸が繋がるというユニークさが話題だ。2021年にはまた新しい試みも始まった。「主祭神が日本神話で海原を治めた素盞嗚尊(すさのおのみこと)ということから、海にまつわる食材を用いたおむすびなどを、神様のもとでいただけるよう包みました」。4月に開業した直会殿(なおらいでん)前の神社広場で休憩できる。いろいろな形でいつでも私たちとの“縁”を大切にし、見守る温かさが感じられる川越氷川神社。それが今日もたくさんの参拝客が訪れる理由となっているようだ。

【It's cute!】1.開運の鯛を釣り上げるのは運命の赤い糸?

大きな樽に入った鯛を専用の釣り竿で釣り上げるユニークさが一際目を引く、名物の鯛みくじ。赤は“安泰”と掛けた「一年安鯛みくじ」、ピンクは恋みくじの「あい鯛」。運勢の吉凶だけでなく、星座、血液型といった良縁の人の特徴などが書かれている。初穂料300円。

【It's cute!】2.和ませる開運おむすびセット。

縁=塩(えん)、結び=おむすび、そして海にまつわる主祭神にちなんで、縁起物の鯛を使ったメニュー。神社で清めた能登半島・輪島の塩で優しく握られた塩むすびは、鯛の骨を香ばしく炙ったおだしとともにほっこりする味わい。「塩むすび・鯛むすびセット 鯛のお出汁付」600円。

【It's cute!】3.クリエイターが活躍。

2019年、イラストレーターの大塚いちおさんが奉納した「赤い糸ベンチ」は名物に。一人で赤い糸の相手を思い描いてもよし、カップルで座り縁が長く続くように願うもよし。

少女漫画家の草分けとして知られ、地元川越の出身でもある花村えい子さんの特別奉納絵馬。700円。

【It's cute!】4.小さくてかわいい縁結びのお守り。

1.使えば使うほど、描かれた赤い糸のご縁に近づける「赤縁筆」300円。浅生ハルミンさんによるイラストも秀逸。

2.恋愛のみならず、幅広い縁=ゆかりを祈願した「ゆかり守り」500円。

3.新しい出会いには「であいこい」を。“出会いよ来い”“出会いと恋”の意を持つ。500円。

4・5.めでたい紅白色の「えんむすび守」各500円。良縁祈願にもおすすめ。

6.男女が寄り添う姿を表した「よりそい守り」500円。

7. 1日20体限定の「縁結び玉」。良きご縁と巡り会えた際には神社へ返納することで、特別なお守りを受けられる。

【It's cute!】5.小さな絵馬もお守りとして。

「赤い糸ベンチ」とともにイラストレーター・大塚いちおさんとコラボした絵馬は、それぞれの御利益に合わせた素朴なタッチの絵が老若男女問わず人気に。大きい絵馬は願い事を書いて境内にある絵馬トンネルに奉納。小さい絵馬はお守りがわりに持ち歩こう。大小セットで各700円。

〈川越氷川神社〉

大鳥居は高さが約15メートルあり、木製の鳥居としては日本最大級の大きさを誇る。JR・東武東上線「川越駅」、西武新宿線「本川越駅」より東武バスで「川越氷川神社」下車すぐ。
埼玉県川越市宮下町2-11-3
049-224-0589
8:00~18:00

(Hanako1204号掲載/photo : Tomoya Uehara , Norio Kidera, Yoshiko Watanabe model : Saya Arai, Fu Suzuki text : Kana Umehara, Kahoko Nishimura, Ami Hanashima, Atsuko Suzuki)

元記事で読む
の記事をもっとみる