1. トップ
  2. スキンケア
  3. 予防法は?アラサーの大敵「しみ・しわ」について医師にインタビュー!

予防法は?アラサーの大敵「しみ・しわ」について医師にインタビュー!

  • 2022.1.14
  • 1470 views

年齢を重ねるにつれ、気になるのがしみとしわ。マスク時代だからと放置していませんか? 今回は、アラサーレディの大敵であるしみとしわについて、「東京ブランシェクリニック」院長の大西真代先生に聞きました。

しみとしわ、どちらから治療するべきか教えてください

ものによって違うので非常に難しいです。 しみはそばかすに見える程度のものであれば若い方でもあるので、必須ではないかと思います。なので1cm以上、もしくは1cm以内の小さいものでも化粧で隠せない濃いしみは早めに治療するべきです。しわに関して言うと、目の周りのこじわや、眉間やおでこなどの深めのしわ、法令線など、パッと見て目立つしわがあるのなら治療するべきでしょう。

しみの予防法を教えてください

日頃の紫外線対策が重要です。たとえ1日中室内にいる日でも、日焼け止めは必ず塗るようにしましょう。日焼け止めは、基本的にはSPFの数値で異なっていて、“SPF1=効果が20分持続する”です。なのでSPF15の場合は300分になります。ただ、汗をかいたり、擦れたりして日焼け止めが落ちてしまうことがあるので、2〜3時間おきに塗り直ししましょう。その他には、ビタミンC、ビタミンE、トランサミン、グルタチオンなどの内服をおすすめします。

しわの予防法を教えてください

目の周りの保湿をすることが大切。専用のアイクリームなどで目の周りの保湿を強化することが、小じわ予防につながります。また、しわができるところの筋肉を止める必要があるので、ボトックスを定期的に打つことも有効だと言えるでしょう。

教えてくれたのは

出典: 美人百花.com

「東京ブランシェクリニック」大西真代先生

大手美容外科、皮膚科での経験を経て、「東京ブランシェクリニック」開院とともに院長に就任。美容皮膚科医、美容外科医歴10年以上で、スタッフが選ぶNo.1ドクターに5年連続で選出されている。

元記事で読む